08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

古剣奇譚

2015.08.03 (Mon)

現在、仕事と最低限の家事に費やす時間を除いて、
一日の全てを注ぎ込んでいるのが、『古剣奇譚』というドラマです。
睡眠時間すら大幅に減少するほど、のめりこんでいます。



韓流とか、華流とか、一切関心のなかった私です。
華流というものがあって、武侠ドラマというジャンルがあることは
前々から知っていました。
知ってはいましたが、なじめませんでした。
ところが、6月にたまたまチャンネルNECOをつけたとき、
出会ってしまったのです。
このドラマに。

最初に一目ぼれしたのは、このお方↓
欧陽少恭でした。


全50話の丁度25話めにこのドラマと出会って、
こんなときの神頼みで、You Tube で 1~24話を視聴しまた。
中国語吹き替えに中国語字幕という、全くもってチンプンカンプンながら
愛というものは言葉の壁も突き崩すものです。
十日ほどかけて放送に追いつき、
結果、この方↓紫胤真人さまに骨の髄まで惚れ込みました。

















とはいえ、このおかた、レギュラーとすら言いにくいほど、
滅多におでましがない・・・・・。
全話を通して数えるほどしか出ておいでにならぬので、
こちらのストレスたるや大変なものです。
おでましにならぬなら、自分で妄想するしかないわけで、
15年ぶりに二次創作にまで手を出してしまいました。
大きな声では言えませんが、コチラ・・・。

そんなワケで、全てのエネルギーを『古剣奇譚』に注いでいるため、
色んなことがおろそかになっています・・・・・。
皆さまに不義理もあるかと思いますが、あと三週間、大目に見てやってください。

真夏の繁忙期、いつもならグロッキー状態の私ですが、
今年の夏は紫胤さまに恋をして、ドーピング効果が得られ、
ろくに眠ってもいないのに変な元気で乗り切っています。
しかし、あと三週間で、『古剣奇譚』が終わってしまう・・・・・。
仕事の繁忙期を一週間も残して。
この夏を最後まで乗り切れるかどうか、今から不安でなりません・・・・・。



スポンサーサイト
20:30  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015春ドラマ

2015.04.19 (Sun)

今日は一日フリーの上、花粉のせいか鼻もノドもグズグズだったので
炊事洗濯以外は、一日ダラダラとテレビを見て過ごしました。
録りためていたドラマも視聴(笑)。
四月スタートの新ドラマで気になっていたものは、
ひととおり消化したかな?

月曜日『ようこそ、我が家へ』

相場ちゃん好きだからちょっと嬉しい♪
金曜日にでもやりそうな、心理的にドロッとしたサスペンス(?)。
相場ちゃんの薄い感じに対して、
エリカ様に寺尾聰に南果歩に有村架純、
竹中直人に高田順二に・・・・と
周囲が豪華なのも嬉しい♪

火曜日『マザー・ゲーム』

正直、なんで録画したのかよくわからないのだけど、
録画してあったから見ました(笑)。
幼稚園ママの話なんて自分には全く関係ないので、
とっとと消そうかと思ったのですが、
見てみたら意外と面白かったので来週も見そう(^^;。
しかし、濃いママたちのクラスだなあ・・・・(笑)。
ゴリさん出てくるとホッとする(≧▽≦)

水曜日『Dr.倫太郎』

堺雅人だし、ここは押さえとかないとね(笑)。
常々同じにおいを感じてる堺雅人と小日向文世のそろい踏み。
蒼井優の芸者っぷりにオバサンめろめろになるわ~(^^;
私の中の三大芸者女優確定。
三浦布美子、若村麻由美、蒼井優ってことでw
ハリセンボン若菜の名演もよかった!

木曜日『アイムホーム』

キムタクも普通のラブストーリーはやりつくして(?)、
安堂ロイドともまた違う、不思議な感じのドラマ。
上戸彩も奥さん役が安定してきたな~。
ミッチーに鈴木浩介が出てるのもポイント高し。
西田敏行、渡辺いっけいも手堅いところ。
まだまだ続きが見てみたい感じ。

木曜日『ヤメゴク』

大島優子ちゃん、安堂ロイドでも上手だったんで
一応押さえてみましたw
見てみたら、北村一輝、勝地涼も出ててラッキー♪
遠憲や田中哲司も安心して見れる。
山口紗弥加は月9との掛け持ちですね。

金曜日『アルジャーノンに花束を』

これは原作も読んだし、ユースケ・サンタマリア版もよかったので
正直、山P版はあまり期待していなくて、一話二話録画がたまってしまったほど。
でも、一応見ておこうと思って二話分一気に。
山Pにはまだ慣れない感じだけど、
ユースケ版とは色々設定も変えてきてて、
その分、見やすいかな~。
なによりも、窪田くんが出てるし♪♪

土曜日『ドS刑事』

多部ちゃん好きなんでw
デカワンコとはまた違った味で、
多部ちゃん、やっぱり何でも上手にこなすなあ~♪
これも一応、見ることに。

土曜日『猫侍2』

これはもちろん見なきゃでしょ♪
北村一輝も好きだけど、やっぱり猫!
アナゴちゃんサクラちゃんはもちろん、
今回はいろんな猫が登場して可愛い~♪
早く劇場版第二作『猫侍 南の島へ行く』も見たい!!

今のところ、そんな感じ。
NHK『花燃ゆ』は頑張って3ケ月見たけど、
そろそろ脱落し始めてます・・・・・・。
あとは、『天皇の料理番』を一応見る予定。
『まれ』は一応見てます。
好きなタイプのドラマではないけど、
出てる人たちはわりと好きな人が多いので。
お昼の『プラチナ・エイジ』もなんとなく見てます。
丁度一回り上の世代の設定な話だけど、
遠くない将来の、いろんな問題とか。
特に春田純一と池上希実子は子供のいない夫婦で、
うちの夫婦とは全くタイプは違うけれど、
ちょっとしたことに共感を覚えたりします。
しかし、あの春田が、ボケが始まるような役を
演じるようになったんだなあ・・・・・
しかも、お腹のあたりがタプついてるのを見て、
物悲しくなる・・・・・・。

そんなこんなで、今シーズンは結構ドラマを見ちゃいそう。
1月期が、好きなドラマが少なかった反動かな?
4月期・7月期は、野球の延長がモロにドラマへ皺寄せなので、
あんまり入れ込んでみたくない時期なんですが、
やっぱり見てしまいますね~・・・・・



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ
20:42  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ひとりっ子の頭ん中

2015.02.26 (Thu)

私は一人っ子です。
ちょっと前に、「ひとりっ子の頭ん中」という本を買いました。
読まないままほったらかしにしていたのですが、
昨日、思い出して、電車の中で読みました。
ゆっくりと、ちょっとページを戻ったりしながら読んでも、小一時間あれば余裕で読める分量です。
いやー、面白かったです。
というより、一人っ子にとってはごく当たり前のことが書かれているのですが、
それを読むことによって、「なるほど、ほかの人は
どうやらそうじゃないんだよね」と再確認。
もちろん、一口に一人っ子といっても色々ですから、
当てはまらない人もいるでしょうし、
(わたしも全てが当てはまったわけではありません)
一人っ子でなくても大いに当てはまる人もいるでしょうけれど。

"よその家が兄や弟と、はたまた弟や妹と『マリオカート』で
「お兄ちゃんばっかり赤甲羅投げてきてズルい!」などと
一触即発な雰囲気になっている間、
ひとりっ子はぬり絵やパズルなどで平和に楽しく過ごしてきた。
娯楽が何もなければ、自分でオリジナルの遊びを考えて、
ひとりでやっていたことぐらいザラである"

そうそう、まさにそうなんです(笑)。
そして、長じても、

"ひとりでいくらでも楽しく過ごせてしまうので、
ほとんど自分から人を誘わないんです。(中略)
よって、向こうからの誘いの切れ目が縁の切れ目になりがち。
そのため、おおらかで根気強く誘ってくれる友人が、
長年の友というパターンが多い"

そうなんですよねー・・・・。
ま、それじゃあいけない、と、四十過ぎてからはなるべく
自分でアクション起こす努力もしていますが。
本来の気質はこうなんですよね・・・。

"ひとりで過ごすことは、もはやデフォルト設定。
そもそも「複数行動」自体が、
ひとりっ子にとってはちょっとしたイベントに分類される。
「ひとり映画」「ひとり焼肉」「ひとりショッピング」は当然ながら、
「ひとりディズニーランド」ですら、たいていのひとりっ子は
「やれ」と言われれば、何の苦も無くできるだろう。
なんなら、たとえばみんなで遊園地に行っているときですら、
途中離れてひとりで行動したくなることがあるくらいだ"

なるほど・・・、これも一人っ子の特性なのかぁ・・・。
確かにその通りでござる。

"ほかの人が自分と同じ選択をするのは構わないものの、
内心ちょっとイヤだったり、
その時点でスッと熱が醒めてしまったりも"

うわー(≧▽≦)、これもめっちゃわかるー(笑)))))
すごく好きな俳優さんが、急に人気出てきたりすると
あ、なんかもういいや、っていう気になったり(^^;

"一人っ子ときたら、とにかく負け戦はしたくないのだ。
勝負をしかけるときは、自分が勝てる可能性があるかどうかを
まず考える。
可能性が低いことに対して努力するのは、時間のムダ"

ムダとまでは思わないし、努力は尊いとは思うが、
でも、負け戦に手を出したくないのは確かだなあ(苦笑)

"軽やかに勝てる自分でありたい。
自分がまだできない、努力中である場面を、
さらけ出したくない (中略)
他人からダメな点を指摘されて叩きのめされたら最後、
逆境に燃え上がることもなく、ただただ萎んでいくのみ。
褒めて伸ばして。
叱らないで"

あ~、まさしくその通りです(笑)。
でも、以前の職場で雑談の折り、先輩に半分冗談で、
「わたしって、誉められて伸びるタイプなんですよ~(^○^)」と言ったら
「・・・この年になっていちいち誉めてくれる人はいない」
とピシャリとたしなめられちゃいました(^^;;;
いいやん、誉めてくれたってー、減るもんじゃなし(笑)。
とにかく、努力してる姿とか、出来ない姿を見せるのは苦手。
徒然草で兼好法師が、
「能をつかんとする人、『良くせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。
内々よく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ』と常に言ふめれど、
かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。 」(150段)
(上手くならないうちは、こっそり練習してそれから人前へ…
なんて言っているうちは、芸は上達しない。
恥を捨てて人前に出て、一流の人に混ざって学びなさい!)
なんて言うてはるのを読んで、学生の時分から「はい、すんません・・・」と
常々思ってはいるのですが、なかなかそうもできませんです、ハイ。

そして、その例外は、

"ひとりっ子が、人に弱みを見せるとしたら、
いっそ「その弱みをキャラ設定として使おうとしている」ときである。
人からダメだしされる前に、自分で自虐要素として利用する"

これです。
ネタにする。
隠しきれないなら、美味しいネタにしてしまう。
笑われる前に笑かすのです。

『ハングリー精神ゼロの負けず嫌い気質』と
この本に書かれてますが、まさにこれ。
今までの人生でよく、自分のことを
「へへへ~、意外と負けず嫌いなんですけど~、
勝つための努力はしないたちなんで
結局勝てないんすよ~」
なんて話してきた私ですが、
なるほど、これも私だけではなく、一人っ子の特性だったとは。

いやはや、わたしからすれば、とにかくツウといえばカア、
打てば響くような内容の本です(笑)。
また、折に触れて紹介したいところです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


16:51  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

年末年始のテレビ番組

2015.01.04 (Sun)

年末年始に見たテレビ番組・・・・

紅白歌合戦、鉄腕ダッシュ(ウルトラマンDASH!)、
大江戸捜査網、路線バス乗り継ぎの旅、
花燃ゆ第一話・・・・

それくらいかな?
ほかにもチラチラとは色々見てますが、
ちゃんと見たのはそれくらい。

紅白歌合戦は、妖怪ウォッチと花子とアンと
終盤の数組で、まあヨシとしよう・・・(^^;

ウルトラマンDASHと路線バスは、いつもダンナが好きで見てて
それなりに面白いから私も一緒に見てます。

大江戸捜査網は、かつて全シリーズ見ていたので
ここで見ないわけにはいかないなあと、
半分ヤケクソで見たのですが・・・・・
うーん、まあね、テレビ時代劇はこうだよね、と思いました。
最近は、映画もテレビのSP時代劇も、
藤沢周平系というか・・・・
なんていうのかな、歴史モノと文芸調とホームドラマを足した感じの
等身大のリアル系時代劇が流行りで
確かに細やかに作ってあって、
NHK時代劇として持ってこれそうな、
あれはあれでいいと思うのですが
往年の、多少造りはテキトーでも
イナセな遊び人、腕の立つ浪人、お色気たっぷりの姐さんが活躍する
「チャンバラ」な時代劇をお茶の間で見る、というのも
やっぱり捨てがたいんですよねー・・・・。
まあ、そういうのばっかり乱作した結果、
時代劇はすたれてしまったわけですが、
時折はテレビ時代劇を見たいもんです。
「剣客商売」や「みおつくし料理帖」もいいですけどね、
気楽でチープな時代劇を久々に味わえたと思います。

とはいえ・・・・・
十文字小弥太は、実はわたしの初恋の人です。
大江戸捜査網で一番好きなのは第一シリーズ。
杉良の十文字小弥太時代で、
この時、わたしは3~4歳なんで、
実際にトキめいたのはそのあとの再放送だったのかもしれませんが
とにかく初恋と言えるのは、
十文字小弥太、それからもうちょっとあとでは仮面ライダーV3の風見志郎、
アニメではデビルマンの不動明(あくまでもアニメ版)・・・と
そこらあたりだったのです。
だから十文字小弥太版の大江戸捜査網への思い入れは人一倍あります。
後期の大江戸捜査網とくらべて、初期はストイックで
画面の色調も暗くて、十蔵ダンナなんてホントに小汚い浪人姿でしたが
そのくせ、小弥太さんも十蔵ダンナも、もちろん小波姐さんも、
みんなミョーにセクシーで艶めかしく感じたのを覚えています。
だから、小弥太さんや十蔵ダンナをほかの人がやるのは
ホントはすごーく抵抗があったのですが、
里見浩太朗、嵯川哲郎、山口いづみ、かたせ梨乃もOB出演するし、
見ないワケにはいかないよな~と見てみて・・・・
案外、別物としてスンナリと受け入れてました。
ノリは里見浩太朗の伝法寺隼人版の頃に近い気がしました。
小弥太役の高橋克典は、あんまり時代劇の印象がないので
どうなんだろうな~・・・と思ってましたが、
まあそれなりに・・・・でした。
十蔵ダンナに村上弘明・・・というのも、
完全に村上弘明キャラになってたんで、
ある意味、吹っ切れて見ることができたかも。
お決まりの小弥太さん十蔵ダンナのゴーモンシーンもあったし(笑)。
玉竜姐さんの藤原紀香は、なんだか無駄に肉感的で
十蔵ダンナにモーションかけまくりでしたが、
小波姐さんじゃなくてよかった(笑)。
夏菜は実はちょっとニガテなタイプですが、
もともと女魚屋キャラは代々ちょっとニガテだったので、
(今にして思えばそんなことはないんですが、当時はね)
それはそれでいいか、って感じです(笑)。
松平定信が悪役で、ふーんって感じでしたけどね~。
6時間は長丁場でしたが、大体1時間ごとに
話に一区切りあったような感じだったので、
分ければ6週分・・・・。
この調子でシリーズ化してほしいところですが、
ま、SP企画だからこそ出来たんだろうなー。

で、うってかわって、NHK大河、「花燃ゆ」。
こちらもヒジョーに不安な作品でしたが・・・・(笑)、
とりあえず第一話見終えて、
まあ、二話以降も見るんだろうなという感じです(^^;
伊勢谷友介に、まだ高杉の面影が残っているのですが、
おいおい松陰先生に見えて・・・くる・・・のかな(汗)。
玉木先生がなんだかイメージと違うのですが、
これもおいおい・・・・?(T_T)。
毛利の殿様がいやに頼もしすぎるのも、やや意外な感じでしたが。
まあ、一か月くらい見てみないとなー・・・・。

さて、明日からテレビも徐々に通常モードになっていくんだろうか?
お正月休みはホントに嬉しいけど、
テレビは通常通りでいいや・・・と思うのでした・・・(笑)。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



23:10  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

昼顔

2014.09.26 (Fri)

7.8.9月期のドラマも全部終わりましたねー。
わたし的には「ST」「信長のシェフ」「ペテロの葬列」「吉原裏同心」
あたりを力入れて見てたんですが、ほかには「HERO」「昼顔」・・・。
今日は「昼顔」が終わりましたが、
うーん。
みんなを巻き込んで焚き付けてかき回した、りかこさんだけが
妻の地位も母の地位も夫も家も失わなかったわけですね(笑)。
でも、りかこさんだけが、元の日常につなぎとめられちゃったとも言える?
まあ、元の日常に見えて、よくも悪くも、そうではなくなってると思うけど。
ほかの人は、みんな何かを失ったし、さんざん苦しい思いさせられたけど、
最後の最後には何か突き抜けたような感じになってましたねー。
今まで、他人も自分も誤魔化して、だましだましやってきたのを
りかこさんに火をつけられて、内側のドロドロモヤモヤしたものを
お互いに全部吐きださせられたわけで、
ハードなデトックスだったってことかなあ・・・・。
昼顔妻だ、不倫だなんだって世間で騒いでるけど、
わたしはあんまりそういう角度から見えてはこなかったんですよね。
男だ女だどうだこうだ、っていう、
オモテ向きそういう話ではあったけど、
あとに残ったのはそういうんじゃない気がして。
最初のほうで、さわちゃんが先生に「うそついたままはイヤで」って
りかこさんとは友達じゃないことを打ち明けにいったり、
最後のほうで先生が「だましたままではいたくない」って言ったり
結局そういう話だったんじゃないかって気がします。
人間、オトナになればなるほど、自分にも人にも
多かれ少なかれ嘘をつきながら生きてるけど、
その嘘で自分自身傷ついたり、心が乾いてしまったりして、
でも、それが慢性化してるのが普通だと思うけど、
何かの拍子に、普段見て見ぬふりしてるそういうものと向き合ってしまって、
吐き出さずにいられなくなる、みたいな。
で、吐き出したあとの落としどころを、
それぞれの形で選んで終わってるってことかなー、このドラマ。
みんな痛みを伴って、傷は残ったけど、
今まで誤魔化してた部分とは向き合えたんやもんねー。
そういう意味で、ちょっと考えさせられた結末でした。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



01:11  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。