05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

5/9~5/15のおうちごはん

2010.06.30 (Wed)

5/9~5/15のおうちごはんです。


きつねうどん、スーパーのお寿司。
はい、すみません、日曜日の定番です(^-^;)。


鶏の甘酢炒め煮、モズクとトマトのサラダ。


チキンカツ丼、さつま揚げの盛り合わせ、
マカロニサラダ、メロンと寒天のデザート。
チキンカツはスーパーのです(>▽<)


塩ラーメン、タラの芽の天麩羅、ひじきと大豆の煮物。
天麩羅もひじきの煮物もスーパーのお惣菜です!!


シラスと海ぶどうの丼、造り盛り合わせ、刺身こんにゃく。


鶏とネギの甘辛煮、蒟蒻とししとうのピリ唐炒め、
卵焼き、なすの浅漬け、なすともずくの味噌汁。

この週は、結構スーパーのお惣菜が活躍しましたねー(笑)。
やっぱり重宝します。
なかなかそのまま食卓に出すことはしませんが、
ちょっとアレンジするにも助かりますね。
スポンサーサイト
10:30  |  おうちごはん&弁当  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

天王寺グリルマルヨシ

2010.06.29 (Tue)

相変わらずダンナの「ランチブーム」が続いています(^-^;)。
先週の木曜日は、天王寺のグリルマルヨシへ。
天王寺界隈では老舗の洋食屋さんで、雑誌に紹介されたりもしますが、
巷の評価は実にさまざま。
とはいえ、一度は食べておきたいとわたしも思っていました。
有名なのは巨大ロールキャベツですが、とりあえずは日替わりのランチセットから・・・
と決めて行って見たのですが、平日なのでお昼時をはずして行ったところ
Aセットが売り切れていて、Bセットのみ。
この日のBセットはトンカツとコロッケ。
わたしはトンカツはそれほど好きではなく・・・・
出来ればハンバーグかチキンカツあたりが食べたかったのですが
さて、終了したAランチは何だったのかな???
ま、とりあえずこのBランチを頼みました。

熱いうちにとトンカツから食べ始め・・・・
正直これで1000円以上とるのはどうだろう、と思いました。
つけあわせのキャベツとかもドレッシングが少ないので
塩をかけたいところですが、テーブルには塩がなく・・・
でも、コロッケが美味しかった。
中身はクリーム状のミンチみたいな感じで
ナツメグ(?)の香りが効いて甘みがあって、
これはさすがに家ではできないなあと思いました。
というわけで、結論は「美味しかった」のですが、
やっぱりAランチが食べられなかったのは残念だし、
次回は是非、看板メニューのロールキャベツを食べてみようと思ったのでした。


20:13  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

過ぎ去りし筍の季節

2010.06.29 (Tue)

5/2~5/8のおうちごはんです。
この週は、日曜日に実家から筍をもらいました。

昨年ももらったのですが、その時は湯掻いてから受け取りました。
でも、今年は母がまだ入院中だったし、父にそこまでしてもらうのは悪いので
そのままの姿でもらったのですが・・・・・
はい、筍をナマから茹でるのは実は初めてで、めんどくさいという先入観が・・・・。
でもまあ、やってみりゃどうということもない・・・。
だいぶ成長してた固めの筍だったので、かなり時間はかかりましたが、
ちゃんと柔らかくなりました。
ので、天麩羅や土佐煮や筍ゴハンにしました。


筍の天麩羅、筍の土佐煮。


筍ゴハン、筍のチーズ焼き、ひじきの煮物。


牛肉のステーキ、目玉焼き、コールスローサラダ。


酢豚、ポテトサラダ。


オムライス、鮭のネギ塩焼き。

 
5/2.5/8のダンナ弁当。

てゆか、このクソ暑いのにタケノコの話題を今頃持ち出してるなんて
変な気分です(^-^;)。
19:56  |  おうちごはん&弁当  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

エビでタイを釣ってしまった!

2010.06.20 (Sun)

父の日のプレゼントというのは難しくて、毎年悩みます。
大した金額のものは買えないし、そうそう毎年、財布やベルトばかりでも芸がなく、
ハンカチや靴下ではどうもパッとせず・・・・・
パジャマやポロシャツを贈ったこともありますが、見立てるのも難しい・・・。

たまたま今月に入って、わたしはiPoneを購入したのですが、
その折に、フォトビジョンを5コまで本体価格0円で購入できるというので、
じゃあ、これを・・・ということにしました。
ソフトバンクのCMでお馴染みのやつです。
通信機能つきのフォトフレームなので、わたしが旅先などで撮った写真を
その場で送ることができます。
月に490円払っていくことになりますが、ま、いいかな。
父と義父との分でも1000円以内。
そーそー、本体価格0円につられて、
結局iPone、フォトビジョン二つ、ポケットWiFiと購入してしまいました。
いかに0円とはいえ、いずれも通信料はかかりますが、
全部足しても、これまでのケータイの支払額と実際にはそんなに変わらないように思います。
沢山買ったから、商品券一万円、無線LANルーターをプレゼントしてもらって、
iPoneの基本料も10ケ月無料だし、ソフトバンクのお父さん犬のグッズももらいました。
これならまあ、よしとしようかなといったところです。
  

で、先日17日に義父のところへ、今日、父のところへ持っていってきました。
17日は、もともと義父が「また美々卯に行こう」と言っていたので
車でいつもの堺の美々卯へ行ったのですが、
折悪しくお店が休み(><)。
うーん、定休日を考えてなかった!!
でも、実は美々卯では数年前のお正月にも行ってみたら休みだったことがあって、
そのとき、急遽近くのかに道楽へ場所変更して、結構美味しかったので、
今回も慌てず騒がず、かに道楽へ移動。
やっぱり美味しかったです。
わたしたちはコースで、義父は寿司の盛り合わせとかに汁のセットに
茶わん蒸しをプラスして食べました。
          

本日は実家へ届け物だけですぐ帰るつもりだったのですが、
母が退院してから外食してないから行こうということに・・・。
ネットで物色してたまたま見つけた、松原の柿の葉寿司のお店へ。
2年前、車の教習でいつも、別所・大堀・一津屋の各交差点を三角形に
よく回っていたものでしたが、その大堀の交叉点のところにあるお店で
『天川茶寮 柿千』というところ。
でも、教習時代には周囲の景色なんて見ていなかったから、
そんなお店があるなんてちっとも知りませんでした。
行って見ると広々としていて、すごくいい雰囲気です!!
両親のおごりだけど、お店を気に入ってくれたのでとりあえずよかった(^-^;)。

   
とにかくこれだけゼイタクな空間の使い方、木や花の香り、
庭には小鳥が長い間ちょこちょこ歩き回り、
とにかくファミレスやなんかと違って静香で落ち着いた雰囲気。
そのくせ、それほど高くつくわけでもありません。
とにかく騒ぎたいグループにはオススメしません。
オトナだけのゆったりした時間を楽しめるお店です。
  
急に行ったのでデジカメがなくて、iPhoneのヘタレ画像ですが、
HPで見ていただければキレイな画像が沢山あります♪

今年の父の日は、なんだかエビでタイを釣ってしまった感が大きいですが、
ま、それなりにのんびりとよかったかな♪
かに道楽も柿千も、ものすごく広い個室に通してもらえたのが嬉しかったです。
お金は使わせちゃったけど、父も義父も食事を楽しんでくれたようで、よしとしましょう(^-^;)。
21:09  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

おニューの鍵穴

2010.06.16 (Wed)

昨日、突然、鍵穴が壊れました。
カギが全く刺さらなくなったのです。
ミクシィやツイッターでつぶやいたところ、色々アドバイスをもらいました。
シリコンスプレーだかクレ551だかを吹き付ける、
あるいはエンピツの粉をカギにまぶす、等、摩擦を和らげる方法です。
これまでにもカギの不調は時々あり、そのときはいかにも
「サビついたか何かが付着したかで滑りが悪くて鍵が刺さりにくい」
といった感じだったのですが、今回の手ごたえはどうも違う・・・・
まったくカギが鍵穴へ入る気配もないのです。
それでも物は試しで、まず手近にあるエンピツの粉をまぶしてみましたがダメ、
今朝、ダンナにシリコンスプレーを買いに走ってもらい、
それを鍵穴に吹き付けましたが、やはりダメ。
しかたがないので、マンションの管理人さんに相談。
「あ、またですか」とおじさん。
実は先週にも8Fで鍵穴が壊れたそうで・・・・・
その時は楊枝がつまっていたらしいのです。
最近、鍵穴へのイタズラが多いそうです。
おじさん、鍵穴の中を千枚通しで探ってみてくれて
「これは何か詰まってますねえ」とおじさん。
8Fのときと同じような手ごたえなんだそうで。
8Fさんは3千円くらいで直してもらったとのことで、
うちも業者さんに来てもらうことになりました。
といっても私は一時には仕事に出ます。
業者さんが来るのが一時。
ダンナが休みで助かりました。
だって、いくら田舎でも、さすがにカギかけずに何時間も
留守にするというのはコワいですしね・・・。
結局、特に何もつまってなかったようなのですが、
鍵穴の磨耗が激しいからというので、鍵穴部分交換で1万円。
全体に取り替えると2万円すると聞いていたので
覚悟していたよりは安くすみましたが、それでも予定外の出費です・・・・。
十年以上暮らしていると、家電も家自体もそこここに不都合が出てくるようで
最近、色々、予期せぬ金銭的ダメージを受けます。
ま、もうじきボーナスだから、それまで頑張ろう・・・・。
でも、夫婦ふたりだけの世帯で、二人が朝晩開け閉めするだけの鍵穴、
よそのお宅より早く鍵穴が磨耗する理由がわかりません・・・。
そんなに乱暴に使うわけでもないのにね。
やっぱり誰かにガチャガチャやられたりしたんじゃないかと考えると
どうも物騒な話ではあります。
その意味でも鍵を交換できてよかったですけどね・・・・。

22:05  |  つれづれ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

仮面ライダー超・電王トリロジー EPISODE BLUE

2010.06.16 (Wed)

昨日、見に行って来ました。
なんばパークスシネマへ一人で映画を見に行くときの雨傘持参率は、
相変わらず100パーセントといったところでしょうか・・・・・(><)。
映画の内容は、ウワサどおりよかったです。
電王らしい話でした。
実は涙ダダ漏れになってしまって、ハンカチがグショグショになりました。
はやぶさ帰還といい、どうも涙腺が緩んでいますが、
感動する心が年とともに鈍っていくよりは良いかなと思っています。
先日のEPISODE RED、昨日のEPISODE BLUEと、それぞれ違った味わいでしたが、
さて、次のEPISODE YELLOWはどうするかな・・・・・。
折角ここまで見に行ったんだから、三本とも制覇しておきたいところですが・・・・。
うーん、なぜここに来て、ディエンドとのコラボ?という気がしますが
電王ですからね・・・うまく消化してくれるのかな。
やっぱ見に行ったほうがいいのかな・・・・。
21:43  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

紫陽花と菖蒲と蓮と。

2010.06.15 (Tue)

お天気も寒暖も定まりませんね。
そんな中でも、職場のあじさいはこんなにキレイに咲いています。

 

土曜日、菖蒲を見に行きました。
ダンナを仕事に送り出したあと、のそのそ着替えて出かけました。
なにせ、暑い。
でも、翌日の日曜日は雨だというし、沿線の駅での花だよりでは
菖蒲が今、見ごろ~満開だというし、この機会を逃すまじ、と
気合を入れて行って来ました。
自宅から三駅目。
そこから10分・・・いや、15分ほど歩いて、菖蒲園を見つけました。
こんなところにこんなのがあったなんて、
ついぞ知らずに過ごしてきました。

   
   

とにかく暑いのなんのって、菖蒲もなんだかぐったりしています。
翌日が雨だというから暑いのを辛抱してこの日に出かけたのですが、
考えてみたら雨の中にたたずむ菖蒲もまた風情のあるもの・・・・
日曜日にすればよかった・・・・・(><)。

菖蒲園の隣の蓮池も、ちらほら花が咲いています。
こちらは、古墳の森の陰になっていて、やや涼しかったです。

   



菖蒲園から駅への帰り道、『ゆめ色ミュージアム』に立ち寄りました。
古い民家(なんて言うと悪いかな、ご主人の談によれば
もともとご自宅だそうだから・・・・。でも、いい風情なんですけどね)を
展示販売スペースとして利用したお店で、
もう随分まえから何度か訪れたことがあります。
色々な手作り品の展示販売をしておられますが、
猫グッズ、かえるグッズが常設なので、猫好きにはたまりません。
丁度、iphoneを買ったばかりで、ジャストサイズのソフトケースが欲しいと思っていたので、
よさそうな大きさのものを購入しました。

「暑いですねえ」から始まって、色々ご主人と話をしつつ、
冷たい麦茶をご馳走になりました。
不景気でお店も大変そうですが、猫好きの尽きることはありませんから
頑張っていただきたいところです。

しかし、こうも毎日、暑くなったり寒くなったりでは、
本当に体調もおかしくなってしまいますね。
花でも愛でて、気分だけでも癒してもらうしかなさそうです。


        
16:28  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

家猫だって大変なのニャ

2010.06.15 (Tue)

先日、中ノ島で遭遇したにゃんこです。
キレイな黒にゃんでしたが、ケンカでもしたのか、
あっちこっちハゲでました(><)。
   
ノラの道は険しいねえ。



うちののんびりコンビは・・・・。

 

毎日、のほほんと暮らしております。


かりん「これでも色々気ィ遣ってますニャン」


きらら「そうにゃそうにゃ、うひゃひゃひゃひゃ」




15:46  |   |  Trackback(0)  |  Comment(2)

さようならは言わない

2010.06.14 (Mon)

昨日、ミクシィの日記等でも触れましたが、
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還について・・・・
再度、まとめなおしておこうと思います。

まず、ミクシィニュースで読売新聞の記事をたまたま眼にしたのが発端・・・。

  ******************************************************
■「はやぶさ」大気圏突入前、地球撮影に挑戦
(読売新聞 - 06月13日 03:02)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)=本間雅江】
小惑星探査機「はやぶさ」が日本時間13日午後10時51分に大気圏へ突入する。
その直前、地球の撮影に挑む。大気圏突入で燃え尽きるはやぶさ。
「7年ぶりに戻ってきた故郷の姿を最後に撮らせてやりたい」という研究者らの思いは通じるか。
はやぶさは同午前9時には地球から27万6000キロ・メートルの距離に迫る。
そこから見る地球は地上から見る月の約5倍の大きさになっているはずだ。
しかし、はやぶさの最後の重要任務は、小惑星の試料を納めた可能性がある内蔵カプセルを機体の前面から地球に向けて放出する作業。
それに必要な姿勢を保つため、底面のカメラは地球が見えない方向に向けている。
相次ぐ故障を乗り越えて帰ってきたはやぶさに、
その「目」で、もう一度地球を見せたい――。
はやぶさ計画を率いる宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎教授らが撮影を思い立った。
カプセル放出から大気圏突入までの約3時間、
残るエンジンなどの力を振り絞ってカメラを地球に向ける。
うまくいけば、放出したカプセルも地球の手前に写るとみられている。
カプセルは、はやぶさが大気圏に突入してから約20分後、ウーメラの砂漠に落下する見込みだ。
  
  *******************************************************

これを読んで、それまでさほど気にも留めていなかった・・・というより
詳しいことについて知る機会すらなかった「はやぶさ」と
その研究チームの思いに涙が出て止まらなくなりました。

それからの数時間、ツイッターで「はやぶさ」の情報を追いました。

ツイッターには「はやぶさ」「イカロス」「あかつき」が
それぞれ擬人化されて互いに会話していました。

はやぶさくん「泣いたら駄目だよ。赤外カメラが曇ったら
       宇宙研の先生に怒られちゃうよ:-) 。
       金星をよく見て翔んでいってね。
       キミの行く金星は地球からいつも見える、
       独りになっても寂しくないよ。 
       僕は先生の手の鳴る方へ帰る。
       大丈夫、もう迷わないから。
       ・・・じゃあね! 」
      「日本のみんながこっちを見上げて手を振ってくれてる。
       あかつきくん、IKAROS、もうすぐ君たちの母港、
       種子島が見えるよ。
       打ち上げの時はゆっくり見られなかったから、
       今度はよく見ておくよ。」

イカロスくん「うん はやぶさ兄さんを見送ったら,
       もう絶対に泣かないよ 
       次にくる子のお手本となるように
       ずっと飛び続けるんだ」
      「僕,バイバイは言わないよ だってこころの中で
       ずっと一緒だから」
      「(はやぶさ兄さん,あとちょっとだよ・・・)」

あかつきくん「明日は泣かないよ。絶対泣かずに見届けるから。 
       明日くらいははやぶさ兄さんのことだけを見てても、
       きんせいちゃんは怒らないよ! 」
      「もう兄さんは、僕が振り返って地球を撮った時より
       もっと近くまで帰ってるんだね。
       だいぶ地球が大きく見えてきてるんだろうね。」

といった具合です。


また、ツイッターのつぶやきから、2chでのとある投稿を見つけました。

  **********************************************************

【2ch】お前ら 小惑星「イトカワ」を目指したハヤブサの名前が意味する物が解るか?【転載】
8 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/11/22(日) 00:55:24 ID:42NMopgT0

お前ら 小惑星「イトカワ」を目指したハヤブサの名前が意味する物が解るか?
小惑星イトカワとは日本の宇宙開発の父である糸川英夫から来ている
彼は戦後の貧相な開発環境の中でロケット開発全精力を傾け、宇宙開発
理解の無かった国家や企業を必死で口説き落として、やっとこさ開発の
援助の約束を取り付けた、決して十分とは言えない予算で七転八倒しながら
時には旧社会党の左翼連中からの妨害に会いながら、
苦難の末、日本初の人工衛星打ち上げまでこぎつけた、それも世界で4番目に
打ち上げたんだぞ、純民生技術のみでな。
彼は戦前、航空機の技術者だった、彼の携わった一番代表作こそ、戦闘機「隼」だ
この隼は当時、国民の間で圧倒的人気のあった航空機であり、まさに日本を代表
する航空機であり、これから日本の航空技術の飛躍を感じさせるものだった。
しかし敗戦と占領政策による航空機開発の禁止によって日本の空の技術は
壊滅的打撃を受けた、多くの航空機技術者達は空への夢を捨てざる終えず。
ある者は新幹線をある者は自動車開発へと向かって行った。しかし最後まで
糸川は空への夢を捨てずロケットと衛星に自らの思いを託し、日本宇宙技術の
基礎を固めた。敗戦の時、自分たちが作り出した航空機の多くが焼かれ壊され
破棄され、技術開発禁止され技術者の多くは涙し絶望した、しかしそこから立ち
あがり、日本の空の技術の復権と発展を掛けた、技術者達の血と涙、執念、夢
と努力の歴史とその結晶を背負って、半世紀以上の時を経て、もう一度「隼」は
「糸川」に出会ったんだよ、宇宙(そら)で

1945年、多くの特攻機が空に舞っていた、その中に多く名機「隼」の姿があった
多くの特攻機、そして隼が敵艦の前で多くの悲しみと共に燃え尽きていった、
あの夏、敗戦の時、多くの人々が涙した、技術者も涙した。

あれから65年後、2010年6月、ハヤブサは地球の空で燃え尽きる、もしそれを
目にして涙する者があったとしても、あの夏に流れた涙とは、違う。

  ***********************************************************


「はやぶさ」は、過ぎ去りし夏の日に燃え尽きた、あの「隼」だったんですね。
戦争を美化するつもりはさらさらありません。
むしろ、その悲しみの象徴としての隼、
でも、当時の技術力の粋を集めて、希望を託されて作られた隼、
生まれた時代のせいで、あんなふうにしか飛べなかった隼、
その「ハヤブサ」を、海の親である糸川博士の名を冠した小惑星へ送り出すなんて
なんというロマンチストなんでしょう、科学者というのは。

昨夜、満身創痍の「はやぶさ」は再び地球の空で燃え尽きました。
今度は、人の命を奪うためではなく、人類の科学への貢献のために。

「はやぶさ」を育てあげた技術者たちの思いは通じて、
燃え尽きる寸前、「はやぶさ」はしっかりとその目に懐かしい地球の姿を映しました。



なんて静かで切なくて、でも美しい地球の姿でしょう。
よかったね、はやぶさ。
そして、お疲れ様、ありがとう。



はやぶさが燃え尽きていく映像を、昨夜から何度も何度も見ました。

何度見ても、涙があふれます。


12:31  |  つれづれ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

にゃんず近況

2010.06.13 (Sun)


このところ、登場の少ないにゃんずですが・・・・。
はい、元気に過ごしております。
とはいえ、夏の弱いきらすけさんは既にバテ気味・・・・。
今からそんなんでどないすんねん、ってなもんですが・・・・。
かりんさんは食欲旺盛、元気ですが、再来月で8歳。
猫は7歳からシニアと呼ばれます。
かりんさんも、7歳後半くらいから、なんというか・・・体つきが
すこーし変化してきたようです。
常日頃獣医さんから太りすぎを指摘されて食事の量は少しずつ減らしてきたせいもありますが、
若い頃のようにお肉ムチムチ、はちきれんばかりの・・・という感じではなくなってきました。
人間も、中年を過ぎると、おなか周りは今まで以上にダブつくのに、
手足や旨の上のほうはお肉がなくなってきて・・・と
ハリのない年寄り臭い体つきになってきますが、
猫も多少変わってくるんだなあ、と感慨深かったり・・・・。
いや、見た目は多少スリムになった程度でそんなに変わりませんが、
抱いてみると肉がダブついているし、きらすけに比べて軽く感じます。
まあ、きらすけは2歳、今が一番元気な盛りですからね。
そのうえ、抱くと、かりんさんと違って全身をくたーっと預けてくるので
ズシッと重いのなんの。
なので、そのあとでかりんさんを抱くと実際の体重より軽く感じます。
実際少し軽くなってはいるのですが。
まあ、見ているだけでは全くわかりませんが、
いつのまにか名実共にシニアになってきてるわけで、
色々気をつけてあげなくちゃなーと思っています。


かりん「美味しいものさえくれればいいのニャ」

いや、そういうわけには・・・(汗)。


きらすけのビニール食いにも気をつけないといけないのですが・・・
こちらはなかなか難しくて困っています。


実家のゴン太はアレルギー体質で、病院通いばかり。
うちの子たちのように、たまにはおやつをあげたいところですが
獣医さんのフードとキュウリやスイカ以外食べると
すぐにあちこちカユカユになってしまいます。
耳の中なんて、ほんとにカワイソウなことになってしまうので、
おいそれとおやつをあげられません。
まあ、トイレットペーパーの芯でもかじっててくださいヾ(^ω^;) 。

 
最近はすっかり偏屈ジジイになってきて困っています(^-^;)。
ゴン太もかりんさんと同じく7歳です。
うちの両親の好みでずっと毛をロングのままにしてきましたが、
さすがにこの夏は切ろうかどうしようかと、うちの親たちも悩んでいるようです。
わたしは短いほうが可愛いと思うのですが、
いざ切るかも、となると惜しい気もしますね・・・・・。


20:57  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バラはバラは・・・

2010.06.13 (Sun)

はい、中ノ島バラ園の続きです。
言葉よりも写真でお楽しみください。



              

・・・とまあ、とにかく美しいですね。
中ノ島という場所がまた、バラを引き立たせるのかもしれません。
 
バラ園から、その出入り口へ至る川沿いの道も、左右にバラの垣根や、バラの蔓をからませたフェンス等、
飽きさせない工夫があります。
まだリニューアルしたばかりのバラ園ですから、今後もっと立派になっていくんじゃないでしょうか。


 



 

 

バラ園の門を出ると、そこには中ノ島中央公会堂。


中ノ島はわたしたちの若い頃にくらべて随分整備されて、本当に美しい町になりました。
わたしとしては、本町、北浜、淀屋橋あたりの古い建物が、
この20年ほどでぐんと減ってしまったことが淋しくもありますが、
残っている建物を色々な形で生かしているのは嬉しいことです。
わたしが昔勤めていた会社も、本町にあった古い建物で、
中ノ島中央公会堂や鳩山会館、ニコライ堂などを作った岡田信一郎の建築でしたが、
残念ながらわたしが勤めている間に取り壊され、二十数階建てのビルに生まれ変わりました。
もっともその後数年で、新ビルは人手に渡り、大阪事業部閉鎖に伴って
わたしも退職することになったのですが・・・・・。
旧ビルの壁には鷲やライオンの重々しい彫刻がほどこされていたものでした。
中ノ島の公会堂などを見ると、なんだかとても懐かしくなるのです。
公会堂には10代から20歳前後の頃によく、同人誌即売会なんかでお邪魔していましたしね(^-^;)。
もっとまめにあの怪異もぶらつきたいとは思いつつ、
なかなか天王寺より向こうは面倒になってしまっていて残念です。

19:08  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

六月は・・・薔薇

2010.06.12 (Sat)

さてさて、天下茶屋、遠見橋~長堀~四ツ橋、肥後橋と
ダンナにつきあってプラついた水曜日でしたが、
最後はわたしのリクエストで中ノ島バラ園。
実はこのバラ園もわたしは初めてでして。
折角リニューアルしたのですし、一度見ておかねばと(*^-^*)。
『六月は真紅の薔薇』なんて小説もあるじゃないですか。
六月ですからね、しっかり見ておきましょう(笑)。
おー、咲いてる咲いてる♪



こんな都会の真ん中にねえ。
でも水の都に色鮮やかなバラが映えます。

   

まずはしばしご堪能くださいませ。

                

というワケで(笑)、バラバラ鑑賞会は次の日記に続きます♪

21:24  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

天下茶屋から長堀へ

2010.06.12 (Sat)

水曜日、ウォーキングがてらダンナのお供でブラブラ。
まずは天下茶屋。
長年大阪に住んでいますが、天下茶屋は実は初めてです。
大学時代、わたしは地下鉄堺筋線で学校へかよっていたのですが、
当時の堺筋線は動物園前が始発。
天王寺から御堂筋線で動物園前へ出て乗り換えていたわたしにとって、
堺筋線は「絶対座れる」電車でした。
ホームの左右どちらも進行方向は同じでしたから、
とりあえず最初にホームに入ってきた電車(あるいは止まっている電車)に
乗りさえすれば、苦もなく座って大学の最寄り駅まで行けたのでした。
堺筋線が天下茶屋まで延びたのは、わたしが社会人になってからのことで、
したがってわたしの日常生活にはなんら支障はなかったのですが、
なんとなくイヤな気分になったものです。
わたしにとって大学時代の思い出はそのままの姿でとっておきたいものでしたから、
大学へかよったルートも、以前のままにしておいてほしかったというのが本音でした。
とはいえ、大学そのものも、今ではすっかり私たちのかよっていた頃と様変わりしてしまっているのですけれど。
それはさておき、私にとって天下茶屋とはその程度の認識の町でした。
非常に手前勝手なイメージではあるんですけどね・・・(^-^;)。
ダンナいわく、天下茶屋は「ふたりっこ」の町であると。
あー、「ふたりっこ」、たまに見ました。
なるほどねー。
で、行ってみると、わたしの職場付近の北田辺や昭和町辺りとも似たような
昭和の長屋や商店街が見られましたが、
意外だったのは、東西も南北も、見える限りずーっと道が続いていること。
大通りなら当たり前かとも思うんですが、フツウの昭和の民家の狭い通りが
ずっとずっと先のほうまで続いているんです。
このテの古い民家や商店の並びって、意外と行き止まったり斜めになったり
湾曲したり・・・と、うちの近所の古い町もそうなんですが、
そうそう遠くまで見通せないもんだったりする気がするんです。
要するに町の区画割りがとてもキレイにされているなあという印象。
もしかすると戦争で焼け野原になったところを、
一気に区画割りした・・・などという事情かもしれません。
普通は古い住宅地や商店街って、徐々に徐々に家や店が増えたり
建て増ししたりなんだかんだで、ヘンテコな形になっていきますからね・・・。
家やビルも、古いものって途中で増改築するから
中が妙に迷路みたいに使いづらくなってたりしませんか?
ゼロからやり直すと整然とした形になるものです。
なんだか色々とそんなことを思いつつ歩きました。
商店街の中のスーパーの前に、「ふたりっこ」の碑が建っていました。
それを見てから南海の西天下茶屋駅へ。

この写真ではわかりづらいですが、なんとも味わいのある駅です。
ちょっと昔の町の診療所みたいにも見える駅舎なんです。
この沿線、短い区間をピストン運行で電車が行ったり来たり・・・で
上り下りそれぞれ一時間に2回、この駅にやってきます。
お客がほとんどいないので、座る人のいないホームのベンチは埃っぽい(^-^;)。

ホームの柱は、レールを流用・・・・。
さて、この都会の中のローカル線に乗って、汐見橋まで出ました。
そこから大阪ドームを左に見つつ、西長堀へ向かって北上。
途中、堀江小学校の子供たちの下校時間帯とかちあいました。
ブルーのギンガムチェックのセーラーカラーのツーピースが爽やかで可愛らしい。
男の子も同じ生地の半ズボン。
市立中央図書館の横を抜けて、西高に接しているのが土佐稲荷神社です。
 
龍馬伝でおなじみの岩崎弥太郎の邸跡の碑が建っています。
実際には碑は最近になって少し位置が動かされたようですが・・・。
 
土佐稲荷を出て、もとの西長堀川に沿って東へ。
鰹座橋、白髪橋、西大橋と、川のあった頃の名残をたどっていって、
四ツ橋まで。
そこから四つ橋線で肥後橋へ出て、「北浜レトロ」でちょっと一息入れました。
 
この北浜レトロの建物にしてもそうですが、
この日たどった天下茶屋の町並み、土佐稲荷、今は無くなってしまった川にかかっていた橋の名残、
大阪の古きよき時代を偲ぶよすがは、まだまだそこここにあるものですね。
さて、このあと、中ノ島バラ園を訪れたのですが、
それはまた次の日記で。
19:58  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

炭水化物ウィーク!?

2010.06.12 (Sat)

はー、今日は暑かったです。
藤井寺小山の菖蒲園に一人でテクテク行ってきたのですが、
その模様はまた改めるとして・・・・。
4/25~5/1のおうちごはんです。


はい、日曜日定番、天麩羅うどんにスーパーのお寿司です(^-^;)。
相変わらず炭水化物の組み合わせです。
わたし自身も好きですが、ダンナも学生の頃によく住吉の叔父さんちへ
家業の手伝いに行ったときに、いつも寿司とうどんが出たそうで
お気に入りの組み合わせのようです。
大食い夫婦が手っ取り早く食欲を満たせるメニューです(><)。


いなりずし、枝豆豆腐とゴマ豆腐、♪永谷園の、お吸い物♪
突然、稲荷ずしが作りたくなりまして。
稲荷ずし用の甘く煮た揚げを買ってきて、鳥そぼろフリカケを混ぜたゴハンをつめただけの、
「ナンチャッテお稲荷さん」が、わたしの稲荷寿司の定番です(^-^;)。


ネギトロ丼、たぬきそば。
OL時代、職場近くの「ザ・どん」でよく食べたネギトロ丼を懐かしんで。


丸岡の餃子、リケンのピリ辛スープ。
相変わらず職場で人気の丸岡の餃子、夫婦二人一回で50個ぺろりんぐ♪


ジャガイモ人参タマネギたっぷりの野菜カレー、イチゴ。
今回は肉抜きだったんで、ダンナには物足りなかったかな?


五目やきそば、シュウマイ。
うちはソースやきそばが多いですが、今回は塩コショウやトリガラスープの素やオイスターソースで中華屋さん風に。


ワカメうどん、スーパーの海鮮散らし寿司、柏餅。

・・・とまあ、この週はいつも以上に炭水化物率高くないですか!?
なんか寿司系とうどん系が多い・・・・・(^-^;)
いや、いつものことなんですが、特に。
肉系が少なかったですね。
要するに火を使って調理するのがめんどくさかったみたいですね、この週(苦笑)。


4/25のダンナ弁当、4/30、研修時のわたしの弁当。
18:29  |  おうちごはん&弁当  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

住吉 いづもや

2010.06.09 (Wed)

先週の木曜日、住吉のいづもやへ行きました。
ダンナが小さい頃によく食べに行った鰻屋さんだということで、
何十年ぶりに行って見ることになったのでした。
とにかく安い。
ネットで下調べして行ったのですが、
並みで600円、上が800円、特上でも1000円。
肝吸いをつけても200円増し。
まあ、特上の上になんだか1500円と2000円のがあるのですが、
それにしても安いですよね??
ゴハンは並みでも特上でも(その上は知りませんが)量が変わらず
鰻の量だけが違うらしいというクチコミがありました。
チンチン電車の住吉駅下車で目の前。
ふ、古い!!
店に入ると、びっくりするほどボロかった(笑)。
昔ながらのテーブルと椅子、椅子なんてもうボロボロに破れて、
どういうわけか脚の長さもマチマチ!?
ダンナいわく、何十年前と全く変わっていないとか・・・・(^-^;)。
でも、おばちゃんもお兄ちゃんもものすごく大人しくて感じのいい人たち。
厨房のお兄ちゃんもすごく手際がいい。
昔は頑固爺さんがやっていたそうで、婆さんはとてもしっかりした感じの人だったそうですが
今いるおばちゃん(というかお婆ちゃんかな)はその嫁なんじゃないでしょうか。

これが特上まむし。
決して鰻がどっさりとは言わないまでも、これで1000円なら
かなりお得です。
並みだともっと鰻が少ないでしょうから、それを補うためかどうか、
ゴハンに混ざっているタレはしっかりめの味つけ。
これなら、ウナギが一切れでも、ゴハンの味だけで食べられます。
肝吸いの肝は、よその鰻屋より大きいものが入ってました。
さて、ウナギ屋を出て、住吉大社など、あちこちブラブラ。

住吉公園を抜けて、これは住吉名物の高灯篭です。

土用の時期には毎年うちは『柴藤』で鰻を食べますが、
鰻専門店の鰻というとやっぱり少々値段が張ります。
でも、1200円で吸い物までつくなら、ごくフツウにランチ感覚でちょこちょこ行けてしまいますねー。
また行きたいなと思う鰻好きのわたしでした。
21:26  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今期のテレビドラマ

2010.06.02 (Wed)

今期、見ているドラマ。

○仮面ライダーW

○龍馬伝

○絶対零度

○臨場

○同窓会

○警視庁失踪人捜査課

○娼婦と淑女

とりあえず、『W』は面白いです。
最初は、「気楽」に楽しんでいました。
ま、今も気楽は気楽なんですが、フィリップ君が最近オトナっぽくなってきてカッコいい。
はじめはフィリップくんが「姫」な感じだったけど、
最近はむしろフィリップくんが翔太郎をリードしててツボ。

『龍馬伝』は、やっぱり岡田以蔵がね。
やっぱ佐藤健くん、天才。

なにせ電王で4役、いや、良太郎含めて5役、いや、ジーク入れて6役
いえいえ、実際にはそれ以上の数の役を
カンペキに演じ分けたあの才能からして、
もちろんきっちり演りおおせてくれると思ってはいたけれど、
やっぱり以蔵、よかったー♪
こないだは、新撰組に追い詰められてたけど、
土方=蓮(仮面ライダーナイト)、沖田=明日夢、と
ライダー仲間に殺されかかってました(^-^;)。
龍馬伝にはほかにも沢村惣之丞=G3要潤がいますし、
見てて結構楽しいです。

『絶対零度』は、北大路・上戸のソフトバンク父娘の共演で、
わりと気楽に今シーズンの刑事物として見てます。

『臨場』は、さすがの内野さん。
安心して見てられます。

『同窓会』は、黒木瞳にはどのドラマでもイラッとさせられますが
三上博史と斉藤由貴がいいかな。
黒木瞳と斉藤由貴が同級生っていうのは
いくらなんでも強引やろー、っていうのが、
同年代の友人たちの間でのもっぱらの評なんですが、
20代30代の子から見たら、黒き瞳も斉藤由貴も
大して変わらんのかもしれません・・・・・。
わたしなんかは由貴ちゃんと同年代だから、
ついつい由貴ちゃんに肩入れしちゃいますけどね。

『失踪人捜査課』はセクスィー部長こと沢村一樹主演。
仮面ライダーディケイドのヒロイン夏みかんが
女刑事をやってます。
今週は、『娼婦と淑女』から、久我山大佐と杏子お母様がゲスト出演です。

そしてきわめつけ、『娼婦と淑女』。
もうドップリはまってます。
仕事のない日はリアルタイムに正座して見てます。
仕事のある日は留守録ですが、帰宅して再生するまでもう
早く見たくて見たくて疳の虫が起きそうです。
安達祐美ちゃんが可愛くて上手いのはこの際おいといて、
元執事の藤堂!!

もう藤堂に骨抜きすぎて、朝から晩まで藤堂でアタマがいっぱいです。
こういう症状は今までにもしょっちゅうあったことですが、
リアルタイムで夢中になれるキャラには久々に出会ったので
毎日にハリがあります(笑)。
デカイエロージャスミンちゃんも、ただいま娼婦を熱演中(笑)。



最近って、ドラマがあまり振るわず、
バラエティーやクイズやトークや旅モノのほうが幅をきかせていますが
わたしはやっぱりドラマ派なんですよね・・・・・・
昔に比べると話数も少なくて、なかなか入れ込める作品がありませんが
それでも地味~に楽しんでますし、
今回の『娼淑』みたいにメロメロになっちゃうものも
やっぱりたまにはあるんです。
これからも面白いドラマをいっぱい見たいなあ~~~~。
22:49  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

難波 しき浪

2010.06.01 (Tue)

土曜日、またまた私は午前中お仕事でしたが、
そのあとダンナと待ち合わせをして遅めのランチに行きました。
今回は、難波の「しき浪」。
以前に職場の人から「美味しい」と聞いていて、
ネットでの評判も上々、ということで行ってみました。
谷四の「もなみ」にも行ってみたいんですけどねー。
近頃、ダンナがランチづいていて、明後日は住吉の「いづもや」へ
ウナギを食べに行く予定です・・・・・(^-^;)。
ま、ディナーに比べるとかなりリーズナブルですから、
一回ディナーに行ったつもりで、3回はランチにいけますからね。
「しき浪」、ウワサにたがわず、リーズナブルで美味しかったです♪
100529_1423~0001
「一席につき1オーダー」となっているのは、回転率を上げるためでしょう。
はじめからそう書いてくれていると潔い感じがします。
そのあと、ミナミをブラブラうろついて、
なんばシティ内でお茶をしましたが、店選びにちょっと失敗。
フロアガイドを見て、「ここがよさそう」と言ったのは私ですが、
実際に店の前まで行って、「あ、今はこの店の気分じゃない」と
慌ててダンナに耳打ちしようとしたのに、
いつになくやけに素早い動作でダンナが店に入ってしまった・・・・。
しゃーないなー・・・・・。
で、なんとなく不満が残ったので、なんばパークスのハーブスで
ミルクレープを買って帰りました。
OL時代、出荷場のバイトくんがパチンコで勝つと
よくみんなにこのみるくれーぷをおごってくれたものでして、
すごく美味しかったんです。
自分で買うのは初めてでしたが、一切れ700円とお高め・・・
大奮発しましたが、さて10年近くも食べてないけど、
ほんとに美味しいのかな?と不安に(笑)。
あの頃は確かに美味しかった・・・・・
でも、あれはおごってもらったから美味しかったのではなかったのか、
自腹700円(二人で1400円)出したら、いまいちなのでは?と。
帰宅して、冷蔵庫に入れておいて夜に食べたのですが・・・・
うーん、美味しいのは美味しいんだけど、
たっぷりサンドされたフルーツから水気が出て・・・・・
やっぱお早めに食べるのがポイントだなと思いました(^-^;)。
この反省点が生かされることはこの先あるのだろうか・・・・・(笑)。

ちなみに、これは↓職場近くで食べた今日のランチです・・・・♪
100601_1239~0001
22:30  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

4/18~4/24のおうちごはん。

2010.06.01 (Tue)

去年の夏以来、なんだか太り続けているので、ウォーキングを始めました。
まだ始めたばかりですが、そろそろ暑くなってくるので・・・・
続くかどうか不安です・・・・。
運動が続かないなら、食べるのを減らせばいいんですけどねえ・・・・。

お夕飯記録はまだ4月分ですが、
この週はどうやら懐具合がいまいちだったと見えて、
メニューがショボいですね???
ま、ショボいくらいのほうが、食べ過ぎなくていいんですけどねー・・・・。

100418_1835~0001
塩ラーメン、餃子。

100419_2253~0001
鰤の照り焼き、白菜とワカメとエビの煮物、冷やしうどん。

100420_2245~0001
カキフライ丼、スクランブルエッグとポテトサラダ。

100421_2313~0001
ナポリタン、ピリ辛ワカメスープ、ハムサラダ。

100422_2255~0001
タケノコの天麩羅、きざみうどん。

100423_2243~0001
ミートスパゲティ、ハムとトマトのサラダ。

100424_1941~0001
五目チャーハン、カニ玉。
22:14  |  おうちごはん&弁当  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。