FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

にゃんず近況

2010.06.13 (Sun)


このところ、登場の少ないにゃんずですが・・・・。
はい、元気に過ごしております。
とはいえ、夏の弱いきらすけさんは既にバテ気味・・・・。
今からそんなんでどないすんねん、ってなもんですが・・・・。
かりんさんは食欲旺盛、元気ですが、再来月で8歳。
猫は7歳からシニアと呼ばれます。
かりんさんも、7歳後半くらいから、なんというか・・・体つきが
すこーし変化してきたようです。
常日頃獣医さんから太りすぎを指摘されて食事の量は少しずつ減らしてきたせいもありますが、
若い頃のようにお肉ムチムチ、はちきれんばかりの・・・という感じではなくなってきました。
人間も、中年を過ぎると、おなか周りは今まで以上にダブつくのに、
手足や旨の上のほうはお肉がなくなってきて・・・と
ハリのない年寄り臭い体つきになってきますが、
猫も多少変わってくるんだなあ、と感慨深かったり・・・・。
いや、見た目は多少スリムになった程度でそんなに変わりませんが、
抱いてみると肉がダブついているし、きらすけに比べて軽く感じます。
まあ、きらすけは2歳、今が一番元気な盛りですからね。
そのうえ、抱くと、かりんさんと違って全身をくたーっと預けてくるので
ズシッと重いのなんの。
なので、そのあとでかりんさんを抱くと実際の体重より軽く感じます。
実際少し軽くなってはいるのですが。
まあ、見ているだけでは全くわかりませんが、
いつのまにか名実共にシニアになってきてるわけで、
色々気をつけてあげなくちゃなーと思っています。


かりん「美味しいものさえくれればいいのニャ」

いや、そういうわけには・・・(汗)。


きらすけのビニール食いにも気をつけないといけないのですが・・・
こちらはなかなか難しくて困っています。


実家のゴン太はアレルギー体質で、病院通いばかり。
うちの子たちのように、たまにはおやつをあげたいところですが
獣医さんのフードとキュウリやスイカ以外食べると
すぐにあちこちカユカユになってしまいます。
耳の中なんて、ほんとにカワイソウなことになってしまうので、
おいそれとおやつをあげられません。
まあ、トイレットペーパーの芯でもかじっててくださいヾ(^ω^;) 。

 
最近はすっかり偏屈ジジイになってきて困っています(^-^;)。
ゴン太もかりんさんと同じく7歳です。
うちの両親の好みでずっと毛をロングのままにしてきましたが、
さすがにこの夏は切ろうかどうしようかと、うちの親たちも悩んでいるようです。
わたしは短いほうが可愛いと思うのですが、
いざ切るかも、となると惜しい気もしますね・・・・・。


スポンサーサイト



20:57  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バラはバラは・・・

2010.06.13 (Sun)

はい、中ノ島バラ園の続きです。
言葉よりも写真でお楽しみください。



              

・・・とまあ、とにかく美しいですね。
中ノ島という場所がまた、バラを引き立たせるのかもしれません。
 
バラ園から、その出入り口へ至る川沿いの道も、左右にバラの垣根や、バラの蔓をからませたフェンス等、
飽きさせない工夫があります。
まだリニューアルしたばかりのバラ園ですから、今後もっと立派になっていくんじゃないでしょうか。


 



 

 

バラ園の門を出ると、そこには中ノ島中央公会堂。


中ノ島はわたしたちの若い頃にくらべて随分整備されて、本当に美しい町になりました。
わたしとしては、本町、北浜、淀屋橋あたりの古い建物が、
この20年ほどでぐんと減ってしまったことが淋しくもありますが、
残っている建物を色々な形で生かしているのは嬉しいことです。
わたしが昔勤めていた会社も、本町にあった古い建物で、
中ノ島中央公会堂や鳩山会館、ニコライ堂などを作った岡田信一郎の建築でしたが、
残念ながらわたしが勤めている間に取り壊され、二十数階建てのビルに生まれ変わりました。
もっともその後数年で、新ビルは人手に渡り、大阪事業部閉鎖に伴って
わたしも退職することになったのですが・・・・・。
旧ビルの壁には鷲やライオンの重々しい彫刻がほどこされていたものでした。
中ノ島の公会堂などを見ると、なんだかとても懐かしくなるのです。
公会堂には10代から20歳前後の頃によく、同人誌即売会なんかでお邪魔していましたしね(^-^;)。
もっとまめにあの怪異もぶらつきたいとは思いつつ、
なかなか天王寺より向こうは面倒になってしまっていて残念です。

19:08  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |