10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

京都散策・今出川豆生庵

2010.11.29 (Mon)

そして、豆生庵近くの晴明神社へ。

晴明ゆかりの神社は大阪にもありますが、
やっぱり京都のほうがメジャーかな。
     
晴明神社を出て、ゆっくりゆっくり豆生庵へ。
カウンターのみの小さなお店と聞いていましたが、
朝、伏見から予約の電話を入れておいたので安心安心。
着いてみると、初老のおかみさんが一人で切り盛り
(途中でバイトさんらしき女の子が来ましたが)している小ぢんまりしたお店。
おかみさんは決して愛想のいいにこやかなタイプではないけど、
妙に明るくてお喋りなマスターやママさんより落ち着けてよかったなあ。
写真
はんぺんの湯葉巻き。
写真2
豆腐よう。
実は初めて食べました。
めちゃウマ~~~~~~(><)。
お酒飲みながらちびちび削りとるように食べてくださいって言われたけど
あたしは飲めないしー。
お酒飲まないお客さんは、残しといてあとでゴハンで食べたらいいってことだったので
ちょっと食べて、あとは楽しみにとっときました。
写真15
お刺身。
子持ちこんにゃくが美味しい♪
お次は小鍋に豆乳が入って出てきました。
写真3
煮立って、膜が張ったら、湯葉としてすくいあげて食べます。
三枚すくったら残りはにがりを入れてお豆腐にしますって。
このメニュー、「勝手豆腐」というそうで。
日頃お料理もまるでしないダンナ、湯葉のすくいかたもおかみさんから何度か注意されてました(笑)
写真4
絹揚げ。
スーパーのお揚げさんとはやっぱり違うわー。
むちゃくちゃ美味しい!!
写真5
天麩羅。
珍しかったのは、柿の天麩羅。
牡蠣じゃなくて柿。
お味はとりたてて美味しいものでもなかったけど、
季節ものとして趣がありますよね。
写真6
豆腐田楽。
そうこうする内に、にがりを入れてもらった豆乳が、
お豆腐になってまいりました・・・・・。
写真7
目の前で出来たては美味しい~~~~~。
てゆか、あっという間だったよ。
昔、家で作ったことあったけど、こんなにあっという間に出来た覚えはない・・・・。
あ、冷やしたからかな???
またしてもダンナ、ちゃんとお鍋の底まで削りとるようにと
おかみさんから指示を受けてました(笑)。
うちのダンナ、よく言えばいじましくないというか・・・・
スイカやメロンも甘い部分だけ食べて皮は分厚く残すタイプ。
トイレットペーパーもあと数十センチくらいになったら
そのまま外して新しいのを使うんですよね・・・・。
あんまりみみっちいのもみっともないですが、
お料理なんかだと作った人間の気持ちも考えて(野菜や果物も)
隅々まできちんと味わってほしいですよね。
ましてやお鍋の底に軽く焦げ付いたものって、
すごく美味しいんですからね、折角なら味わってほしいですよね・・・・。
写真16
湯葉サラダ、ゴマ豆腐。
写真8
さて、いよいよゴハンです。
待ってました、とっておいた豆腐ようの出番。
ここでもダンナ、チェック受けてました(笑)。
豆腐ようをゴハンにつけるんじゃなくて、ゴハンを豆腐ようの器に入れたほうが
豆腐ようをキレイに食べきれていいんだって。
わたしはもちろんそうしてましたよ~~。
普段、卵かけゴハンするときもそうなんです。
まあ、卵をそのままゴハンのうえに割りいれるなら問題ないですが、
別の器で溶いてからゴハンとあわせる場合、
わたしは卵を溶いた器にゴハンを入れます。
ダンナはゴハンのうえにかける。
まあ、本来それが王道でしょうね、「卵かけ」なんだから。
でも、それをやると二つの器が卵でベトベトになってしまうじゃないですか。
食べ終わったあとの見た目が美しくない・・・・。
卵のほうへゴハンを入れて食べればお茶わんに卵がつくことはない。
卵のべとつきが残るのは一つの器だけですむってこと・・・。
わたしってヘンなのかなあって思ってたら、
ある日、テレビで細木和子がおんなじこと言ってた。
わたし細木和子さんは性格的にはあんまり好きでないんですが、
時々、すごく「そうそう!!」って思うことがあってびっくりするんですよね(^-^;)。
で、わたしはカレーの食べあともわりとキレイですよ。
ゴハンでカレーを拭き取りながら食べるから(^-^;)。
あまり自慢にはならないか(笑)。
あ、話が脱線しました。
写真9
豆乳ムース。
これも美味しかったぁ。
これだけで3150円は、京都としちゃお得なんじゃないでしょうか。
京都はどこもお高いから・・・・・。
でも、ちょっとお店の位置がわかりづらいかな。
わたしたちが店にいる間にも、べつのお客さんから場所の問い合わせの電話。
途中まで来てるけどわからないみたいで。
おかみさん、忙しい中、一生懸命「ユニクロのところの信号を・・・云々、
そこから北へ・・・。わからなんだら、そのへんのヒトに聞いてもろたら」
とか説明して電話を切ったら、またしばらくして同じヒトから。
「そやからね、そこに信号ありますやろ。そこを北・・・・
いや、右とか左とか、お客さんがいまどっち向いて立ってはるか
私にはわからしませんよってにね、そやから北ですて、
わからんかったらどなたにでも聞かはったらよろしから・・・」
おかみさん半ギレ(笑)。
電話切って苦笑いしてはりました。
ま、うちらもGPSのマップで探しながら行ったしねー・・・・。
でも、探して行っただけの値打ちはありましたよ。
とっても美味しい京都の1日となりました。
スポンサーサイト
12:07  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

人間ドックと京都酒処散策

2010.11.28 (Sun)

11月のうちに記録しとかなくっちゃ。
まず、11月6日にはじめての人間ドックに行きました。
中ノ島クリニック。
ホテルみたいにキレイでびっくらしたーw(☆o◎)w
しかも、お食事券つきだよん。
   
ダンナの会社からの健診だから半額くらいだったし。
夫婦ともドキドキしすぎて血圧がいつもより高めでした。
あたしなんて脈拍まで速かった。
あとは二人とも中性脂肪が基準より高くて、その分、善玉コレステロールが低かった・・・・。
肝臓も脂肪がくっついちゃってるしね・・・・。
体重減らさなくっちゃなー・・・・・。

それから、16日。
京都に行って来ました。

大河『龍馬伝』がつい先ほど終わりましたが、
折角龍馬伝の年だったんで、寺田屋など見てきました。
  
伏見は酒蔵の町。
なんとも情緒がありますねえ。
  
月桂冠大倉記念館では試飲(わたしはアルコール駄目だから飲めなかったけど)させてもらい
お土産までもらってダンナもゴキゲンです。

 
このお土産は、後日、自宅でお鍋をしたときと、おでんをしたときに
ダンナが燗して飲んでました。
そのあと、『伏見ダイニング Lis Blanc』にてランチ。
食べログで評判よかったので。

これこれ、このガーリックトーストが美味かったのですよ。

   
それからダンナの母校・龍谷大学を見に。
うひゃー、むっちゃキレイ。
学食もおいしそう・・・・・・・。
そういや、ウチの大学も今じゃすっかりキレイになってるもんなあ・・・・。
今時の若い子はゼイタクじゃ・・・・。
そして、西本願寺へ。
国宝の唐門、派手派手ー。
 
晩御飯は今出川の『豆生庵』に行く予定だったので、
速やかに今出川へ移動。
京都御苑の銀杏が見事でした。


(京都散策・つづく)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村



22:15  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

いまさら平城京

2010.11.15 (Mon)

すっかり古い話になってしまいましたが、10/26平城京を見に行ったことを
記録しておこうと思います。
もうイベントとしての平城京フェアは11/6に終了してしまいましたが(^-^;)。

その日は突然のように寒く、着ていくものに迷いましたが、
まだ職場では半袖の人もいた時期でしたから、
まさかまだコートを着るほどでもないだろうと、
ダンナは長袖シャツ一枚、わたしは薄手のカーディガンで出かけました。
さすがに寒いので、行く途中、駅の構内のユニクロで
ダンナのカーディガンを買ってでかけたものの・・・・・
奈良・平城京はさえぎるものとてなく、
想像以上に寒かった・・・・・・・(><)
そして、皆、それを事前に察知していたとみえて、
真冬のいでたち・・・・・・。
うっ・・・・。うちら夫婦はすっごく寒いんですけど!!
西大寺駅から無料シャトルバスで会場へ。
まずは、歴史館の整理券をとりました。
午後の1:45の整理券・・・・。
だいぶあります。

ま、なにはともあれ朱雀門を入りました。
建設途中に、何度も電車の中から見たことがありますが、
近くで見るのはこれが初めてです。
朱雀門を入って、大極殿へと向かう途中に、広大な敷地を列車が横切ります。

そして、大極殿へ・・・・。

鉛色の、まるで冬空のように立ち込めた雲が、
ちょっとおどろおどろしい!?
天皇の玉座、高御座(たかみくら)です。

大極殿を出て、辺りを見渡せば、茫漠たる晩秋の景色。


それでも、時折、雲間からお日様がカオを出すと、
少し暑く感じるほどではありましたが、
それもほんの一瞬、すぐに空は雲に覆われて、真冬の寒さ。
体験館へ行って、衣装体験の整理券をとろうとしましたが、
配布中の整理券が歴史館の時間と微妙に重なるのでいったんやめて、
食事を先にすませることに。
お昼時とあってもどこも混んでいたので、
フードコートで適当にチョイス。
選択ミスで寒かった!!

ダンナはうどんを食べたのでまだしも、
わたしはビピン麺・・・・そして二人で韓国海苔巻き・・・。
お味のほうもいまひとつ・・???
寒さに震えつつ、歴史館へと参りました。
アニメーションで平城京や遣唐使など、奈良時代のあれこれが解説されました。
内容は、昔テレビでやっていた、まんが日本史みたいな感じですが、
CGを駆使しているので見ごたえはありました。
目玉の遣唐使船レプリカも見学。
 
そして、衣装体験へ。
バカ夫婦ですみません(^-^;)。

そして、そのあと、何かあったかいものをおなかに入れたくて・・・・
あとで奈良町で食事する予定だったにもかかわらず、
食事してしまいました(*´Д`*)。
 
だって、おいしそうに見えたんだもん・・・・(^-^;)。
そして、お目当てのせんとくんカフェラテも。

当初あんなにキモかったせんとくんも、すっかり見慣れてしまいました(笑)。
平城京をあとにして、近鉄奈良駅へ。
興福寺って、なんだかいつも寒いときに行ってるような。
寒い日の夕方は鹿があまりいなくて淋しいんですけどね・・・・。

それにしても、本当に寒かったので、
予定していた奈良町のはずれのお食事どころまで行っていたら
たぶん大風邪ひいてたかも。
平城京で食事すませて正解でした。

いまさらながらの、平城京レポでした(笑)。



14:47  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋の舞鶴・天橋立旅行 その7 丹後の宮津でピンと出した(T-T)

2010.11.04 (Thu)

はい、ようやく先月の舞鶴・天橋立の旅の最終章です。


智恩寺でしばし猫ちゃんと遊んでから、辺りをぶらぶら。

廻旋橋を渡るとそこは天橋立です。

とはいえお昼時でしたので、天橋立をわたるのはあとにして、
いったんお食事です。
入ったのは、対橋楼さん。
前の晩ゴハンが予算内に落ち着いたので、マトモなお昼ご飯を食べることに(笑)。
 
腹ごしらえがすんでから、いよいよ天橋立散策へ。
歩けば小一時間かかるとのことでしたが、まあ折角なのでぼちぼち歩くことに。
はるか先まで松並木。
左右両側が海という、ありそうでなさそうな風景がどこまでも続きます。
波間に立て札が数メートルおきに立っていますが、
どの立て札もカモメやサギに守られていました(笑)。

名水の誉れ高い磯清水で手を洗うダンナ。

飲み水じゃないって書いてるのに飲んじゃった・・・・・
まあ、名水だしね・・・・・・(いいのか?)
さて、このへんまで来ると、あんなにうじゃうじゃいた着物の人たちが見えなくなります。
なかなか着物で天橋立を歩いて渡りきろうと思うヒトが少ないようです。
かわって目立地始めたのが自転車族。

ファミリーやカップルが自転車で颯爽と松並木を駆け抜けます。
んー、帰りはレンタサイクルでもいいな・・・わたしのニガテな上り下りもないし。
松と一口に言っても、色んな形の大樹がそこかしこに。
千貫文目の価値があると言われる千貫松。

天女を連想させるという羽衣の松。

岸辺にたたずむサギも優雅。

ようやく天橋立を渡りきって、丹後一宮であり、元伊勢と言われる籠神社へ。

重文の狛犬さん。

だけども、私はその奥の苔むした狛犬さんが好きかな。

さて、ここからリフトで天橋立を見下ろせるところまで上がります。

そして、絶景。

昔、入社一年目の平成元年、
同期入社の男女10名ほどで、車で若狭へ遊びに行ったことがあり、
その途中、車を降りて見おろしたことがあるだけで、
じっくりと眺めるのは初めて。
股覗きの効果は、正直いまいちわかりませんでしたが、
素晴らしい眺めであることは間違いありません。
そうこうするうちに、時間が押してきました。
ロープウェーでさっさと降りて、今度は船でもとの智恩寺の前まで。
ちょうど廻旋橋が背の高い船を通すために開いたところ。

はね橋も面白いけど、こういう開くタイプも面白い。
Cafe.du.Pinでドリンクをいただきながら、
橋がゆっくり元の姿に戻っていくのを眺めました。


知恵の輪灯篭も見たことだし、猫ちゃんたちにもお別れして、
さて、お土産を買って帰ることに。
 
現金をほとんど使い切って、あと千数百円だったので、
ひとまず駅前でお金をおろすことに。
ダンナももともと持ってきてないし。
お、郵便局見っけ(*^-^*)。
・・・って、閉まってるやん!? Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
日曜やからね、地方の郵便局はATMも閉まってるよね。
駅の銀行ATMへ(*^-^*)。
エッ!? ここも閉まってる!?
えーと、じゃあ、どこかコンビニで・・・・・・
って、コンビニは2.5キロ先・・・・・・
そんなとこまて歩いてたらお土産買う時間なくなる!!
あ、じゃあ、カードOKの土産物屋さんで買おう・・・・・
と思ったら、パンパンのお財布を小さくするために
クレジットカード類は置いてきたんだった!!
いつもそんなことしないのに、なぜよりによって!!
うー、前の晩に舞鶴で下ろしとくんだった!!
しかたないから、ダンナにとりあえず職場用の土産を買わせて、
義父のオヤツ買って・・・・、それから小銭入れもはたいたら
なんとかウチの職場用のお土産も買えた!!!ホッ(^-^;)。
駅でお茶を買ったら、夫婦ともほぼすっからかんになりました(><)。
切符は買ってあったから心配ないものの、
全くもって天橋立ならぬ、危ない橋を渡ったもんです。
「二度と行こまい 丹後の宮津 縞の財布が空となる
丹後の宮津で ピンと出した」
という宮津節は有名ですが、縞の財布ではないけれど、
ほんとにカラッケツになってしまった今回の旅でした・・・・・。

22:10  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。