02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

阪神大震災の記憶

2011.03.21 (Mon)

このような機会ですので、阪神大震災のときの記憶を
書き留めておこうと思います。

阪神大震災のとき、わたしはOLでした。
わたしは毎朝目覚まし時計を合わせていますが、
大抵はアラームより早く目を覚まします。
あの日も、起床にはまだ間があったけれど、目を覚ましていました。
二回の自室で、畳の上に布団を敷いて寝ていましたが、
遠く地鳴りが聞こえた気がして、軽く緊張したところへ、
揺れが来ました。
文庫本や、小さな置物がパラパラと落ちてきたので、
万一強い揺れが来て本棚が倒れたらどうしよう、と思いましたが、
咄嗟に身体が動かず、少しでも衝撃を免れるために、
頭から布団をかぶったのを覚えています。
揺れは間もなく納まり、しばらく息を潜めていましたが、
どうやら大丈夫そうだと、下に下りると、
父が既にテレビを見ていました。
ブラウン管には、真っ赤に燃える神戸の映像が
早くも映し出されていました。
まだ薄暗い中、火の海になっている神戸の街の光景は、
特撮映画でも見ているかのようでした。
阪神、とひとくくりに言われますが、
我が家から神戸は電車で二時間はかかります。
どこかよそごとのように、眺めていました。

不眠症の母は、日頃は効かない精神安定剤が、たまたまその朝は効いていたらしく
あれだけの揺れも全く知らずにいました。
心配性で恐がりの母ですが、自分が揺れを知らずにいたために
いたって平気なもので、出勤のタイミングを迷っている私に
「早よ行きなさい、地震でダイヤ乱れてるかもしれんから
早めに出やなアカン、早く早く」とせかして、家を追い出しました。
出かけてみれば、近鉄バスも近鉄電車もフツウに動いていましたから、
なんだ、大阪は大したことないのか、と天王寺まで出て、
そこで足止めを食らいました。
地下鉄が動いていなかったのです。
地下鉄の改札前には、普段見たこともなかったシャッターが下りていて、
大量の群集がシャッター前でひしめきあっていました。
大阪人は災害に慣れていませんし、当然地下鉄の職員も、
初めての事態に右往左往するばかりで、
通勤客に正しい情報を提供するなどという対応は、
とてもじゃないけれども出来たものじゃありませんでした。
当時は、携帯を持っている人もほとんどいませんでしたから、
本当に情報源がなかったのです。
皆が皆、途方に暮れていましたが、
それでもまだ、「そのうち地下鉄が動き出すだろう」という楽観的な気分が
わたしたちの中にはありました。
やがて、どうやら長期戦になりそうだと気づいたときには、
既に公衆電話も長蛇の列、家にも会社にも連絡できず、
かといって、今更自宅にとって返すのも面倒そうで、
同じような沢山の人たちと、ただ立ち尽くしていました。
シャッターの前でひしめいている人の群れをどこか他人事のように眺め、
パニック映画のようだなと、こっそり笑いたくなってしまったりもしました。

とはいえ、いつまでもそこにそうもしておれず、電話の列に並んで
どうにか会社に連絡をとり、たまたま電話口に出た営業部の課長に
「皆さん来てらっしゃるんですか」と尋ねると、
「うん~・・・、ぼちぼち来始めてるよ」と、のん気に間延びした答え・・・、
やっぱり出勤しなきゃいけないんだ、と思いを新たにし、
埒の明かない地下鉄をあきらめて地上へ出、市バスかタクシーで
会社方面に近づく算段を始めました。
1月の寒い朝でしたから、すぐに足先も手もかじかんで、
身体中の筋肉がガチガチになってきました。
すぐそばの背の高いビルでは、メンテナンス用のゴトンドラがぶら下がって
作業員が作業していましたが、その間にもゆるい余震が幾度もあって
ゴンドラがユラユラ揺れていましたっけ。

今なら、携帯のMAPを見ながら、初めての道でも
下調べなしにそこそこ動くことができます。
GPSで、自分の現在地もある程度わかります。
交通機関のルートマップなども、検索できます。
けれども、当時はそんなものがありませんし、
わたしは筋金入りの方向音痴でしたから、
日頃、地下鉄でかよっているルート以外では、
どうやって会社にたどり着けばよいやら、
実は皆目検討がつかなかったのですが、
それでも目と耳と口を使って、なんとか頑張るつもりでした。
けれども、バスやタクシーにも一向に乗れる気配はないまま、
寒さに震える内に、お昼を過ぎてしまいました。

そんな中、どうやら堺筋線が動き出すらしいという情報が
人の口から口へ伝わり、堺筋線の最寄駅である動物園前へ
ゾロゾロと群集が大移動を始めました。
方向音痴のわたしは、当然、動物園前駅の位置などわかっていませんでしたが
皆目指す方向は同じであろうので、その大移動の群れの中に混じって、
歩みの遅さに少しイライラしながら、駅を目指しました。

苦労して会社にたどり着くと、なんのことはない、
大半の社員は休んでいました。
わたしよりずっと会社に近い人たちも、こぞって欠勤で、
まあ、朝の出勤時刻の段階で、自宅からの交通手段がストップしていた
というのがほとんどの理由のようでしたが、
なまじ、朝の時点で近鉄電車が動いていたばかりに、
半日かけて会社にたどりついた自分に、ちょっとタメイキ・・・・。
それはさておき、当時、わたしはシステム部に在籍していたのですが
まあ、えらいことになっていました。
大型冷蔵庫の1.5倍ほどもあるプリンターが、
ストッパーも無視して数十センチも移動しており、
キャビネットは大型裁断機の上にもたれかかって、
中身をそこらじゅうにぶちまけていました。
パソコンたちや、本部のコンピューターからの情報を受けるサーバーが
プリンターに押されてかなり移動しながらも無事だったのは、
勿怪の幸いというべきでしたが、ビルの窓ガラスはほとんど割れてしまっていました。
当時、自社ビルを新築中だったわが社は、それが出来上がるまで
近くの古い貸しビルに入っていました。
古いビルというのは、窓ガラスがパテでしっかりと枠に固定されていて、
振動によるダメージを逃がすことができない造りらしく、
近所の新しいビルが無傷な中で、うちの会社だけが
みっともないほどに、窓ガラス70枚ばかり被害を受けました。
そんな有様ですから、当然その日は仕事にはなりませんでしたが、
放置して帰るわけにもいきませんので、
出勤した者だけである程度の片づけをしました。
わたしの部は、わたしと年配の女性ふたりだけの部屋でしたが、
その女性が出勤していませんでしたので、一人で黙々と作業しました。

翌日からは通常どおり、とはいかないまでも、
普通に業務が始まりましたが、
なにせ、あの規模の地震でしたから、窓ガラスの修理が
当分うちの会社にまで回ってきません。
とにかく寒い季節でしたから、開けっぱなしておくわけにもいかず、
ダンボールでふさいで過ごしましたが、隙間風で寒いのなんの。
しかも、震災当日は業務が休みだったので、
その振り替えとして日曜日に皆出勤するように、ということになって、
地震当日に必死で出勤した人間もそれは免れず・・・・
そういう場合に得だ損だと言いたくはないものの、
今より若かったせいもあり、少々理不尽さを感じたものです。

やがて、窓ガラスも直り、なんら業務にさしつかえることはなくなりましたが、
それでも一ヶ月やそこらは余震が度々あったように思います。
わたしの会社がその時借りていたビルの隣が、
実はオウム真理教のサティアン大阪で、
このビルは壁と屋上がわが社と共有されていたので、
当然、うちの会社と同じくらい窓ガラスが割れたのですが、
修理する気がないらしく、いつまでたっても割れたまま。
なので、少し余震があると、パラパラと破片が落ちてくる。
歩いていてそれに直撃される、というようなことはありませんでしたが、
そういう危険性もなくはなく、なかなか落ち着かない気分が抜けませんでした。

その年、経理の女性陣に混ぜてもらって、
夕日が浦へカニ旅行に行くことになっていましたが、
さすがに日延べをして、カニを食べられるギリギリの3月に出かけました。
大阪に暮らすわたしたちは、既に震災のいやな記憶は払拭していて、
夕日が浦へ向かう列車の中は、一様に行楽ムードでした。
が、途中、ブルーシートをかぶった家々が線路沿いに見え始めると、
それまで賑やかだった車内が、一瞬しんと静まり返りました。
まだ家を修繕することも出来ず、寒い思いをしている人たちが沢山いるときに
笑いさざめきながら行楽に出かける、その後ろめたさに、
誰もが無口になりました。
夕日が浦では、かに尽くしで非常に満足でしたが、
そのシーズン予定されていたお客も、随分キャンセルが入ったようで
その分、大盤振る舞いだったのではないかと思います。
帰りにカニを一ぱいずつ土産に持たせてくれるサービスもありがたかったです。
カニ旅行なんて後ろめたい、と思ったけれど、
みんながそう思ってキャンセルをすると、
カニを食べに来るお客をあてこんで暮らしている地域は、
それこそ大打撃・・・・。
そういう意味では、行ってよかったと思いました。

あの日の朝、真っ赤に燃えていた神戸の街は、
目覚ましい速さで復興をとげました。
今回、東北も一日も早い復興が出来るようにと思います。
でも、神戸の街は、街としての機能は驚くほど早く取り戻したけれども、
そこに暮らしていた人たちの暮らしが、
それと同じくらい早く元に戻ったわけでは決してないと思うのです。
命が助かっても、それまでに築き上げてきたもの全てを失ってしまったら、
立ち直るのはとても難しい。
心や体にダメージを負ったなら尚更。
神戸には仮設住宅が沢山あったけれど、
みんながそこで支えあって励ましあって暮らしていた頃はともかく、
一人去り、二人去り、していく中で、生活の目処が立たずに
最後の最後まで取り残されていった人たちの胸中はどうだったろうかと思います。
阪神の頃にくらべて、そうでなくても就職難の叫ばれる現在、
今回被災されたかたたちの生活の建て直しが、とても心配です。
東北にはもともとお年寄りが多かったであろうことも、気がかりなところです。
スポンサーサイト
20:01  |  つれづれ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2011.03.11

2011.03.20 (Sun)

3/15、某フランチャイズで、小学生対象の学習教室を開室しました。
3月に入ってからは、毎日毎日その準備と研修に追われながら、
従来の仕事と家事もこなすという、日頃怠け者のわたしにとっては
目の回るような忙しさでした。

日本の歴史に大きな傷跡を残すこととなった2011.3.11、
この日もわたしは、研修のひとつである「教室実習」のため、
堺の某所へ出かけていました。
実習が3:30からでしたから、巨大地震の発生時、
わたしは電車の中でしたので、揺れには全く気づきませんでした。
電車を降りて駅を出る際に、何人かの人が
「また地震やなあ。宮城、えらいことやなあ」などと話している声が聞こえましたが
なにしろ地震列島と呼ばれるわが国、さほど驚きもせず
実習に宛てられている教室へと向かいました。
教室で、生徒が来るまでのしばらく、先生方と手作業などしながら話しつつも、
私たちはまだ事の重大性を知らずにいました。
スタッフのかたも「でも、時々こうやってちょっとした地震が起こるのは
必要かもしれへんよね。たまってくると大地震になるかもしれへんし」などと話し、
わたしも「そうですよねー」なんて、気軽に相槌を打っていたのです。
まさか、その「大地震」が現実に起こったのだという認識もなく。
 
実習が終わったのが、午後6時。
開室前の研修が、それで全て終了しました。
さあ、あとはいよいよ、15日の開室を待つのみ!と、
年末からの張り詰めた気分が幾分緩んで、足取りも軽く駅へ向かい、
電車に乗り込んで、いつものようにmixiとTwitterをチェックして・・・
そこで初めて、その日起こった出来事の尋常ならざることを知りました。

自分は、全くいつもと変わりがない、周囲を見回しても、
未曾有の災難の翳などどこにもさしていない・・・・、
なのに、iPhoneの画面を通して、遠くの友人知人たち、
または顔も知らない人たちの上に、大変なことが起きている・・・・・、
自分は、何も知らずに数時間過ごしていて、
今も身のまわりにそれを感じることさえ出来ないのに、
mixiやTwitterの中は、悲惨な状況を伝える書き込みや、
被災者への気遣いの言葉で埋め尽くされていました。
その時、とても妙な、理屈ではうまく説明できない気分に襲われたのです。
誤解を恐れずに、一番近い言葉で表すなら、
「出遅れた!!」でした。
決して、不謹慎な意味ではありません。
興味本位で、話題に乗り遅れた、という意味ではないのです。
でも、この未曾有の大災害のときに、何も知らずにのほほんと
日常生活を送っていた自分に、不思議なほどの焦りを感じたのです。
沢山の人が苦しい思いをして、その中には命さえ落とした人も多く、
そして無事だった人々は、もうツイートを追うことさえ出来ないほど
びっしりと、被災者を案じるメッセージを寄せている・・・・
そんな時に自分はといえば、つい数分前には、
浮き浮きと朗らかな気分にさえなっていたのです。
日本国中の、溢れんばかりの恐怖と、悲しみと、不安と、そして思いやり、
そうした感情の奔流から、取り残されてしまった自分が
ものすごく悔しく、もどかしく、情けなく、
また、そんな理不尽な感情に支配されてしまった自分に対する戸惑いで、
しばし、頭の中が真っ白になってしまいました。
車内を見回せば、誰もそんなことは気にも留めていないように見える、
いつも通りの日常、わたしも表面上、いつもと何一つ変わらない、
でも、そんな中、わたしはすっかりうろたえてしまっていました。

けれども、帰宅してテレビ画面に映し出された映像は、
そんな私の想像をさえ、はるかに上回った悲惨なものでした。

その日は、ひたすらTVニュースを見て、
mixiとTwitterで世の中の動きを追い続け、
そして、焦りは強まるばかり・・・・。
翌日は、義父と食事の約束があったので、夫婦で義母の施設を見舞ってから
義父とかに道楽へ出かけたのですが・・・・・
その間もなんだかモヤモヤして、常にmixiとTwitterから目を離せず、
外食なんてしている自分にますます焦燥感が募り・・・・
なんというか、頭の中は、軽いヒステリー状態だったのかもしれません。
なのに、自分が身を置いている場所では、当たり前の日常が営まれ続け、
人々は「大変なことになったなあ」「東北は気の毒に」と
のん気そうに口にするばかりで、
どうもTwitterで目にする沢山の言葉たちとは温度差があり、
それがまたわたしを苛立たせました。
何かしたいと思っても、大阪にいるわたしたちは、
節電することですら、直接東日本の役には立てないと知りました。

心はふさいでも、通常の営みが続く関西にあっては、
自分り目の前のことを片付けていくほかありません。
日曜日、開室の準備を仕上げるために教室へ。
旦那に手伝ってもらってどうにか形にしました。
そのあと、実家の母を見舞ってから帰宅。
結局、金曜日の夕方以来、家族としか言葉を交わしておらず・・・・、
ネットを通して伝わる東日本の生の声と、
いつも通りの自分や家族や、周囲で目にする人々とのギャップに
ただただ戸惑い続けた三日間となってしまいました。

月曜日、職場へ。
同僚たちとの、ニュースに関わる会話・・・・、
いつもと変わらないような世間話の、でも、いつもより少しばかり真摯で深刻で、
心遣いの見える、そんな会話を少し。
あとは、いつもと同じように仕事をして、笑ったり、愚痴ったり。
そんな半日を過ごして、なんとなく心が軽くなりました。
わたしたちは、たぶん、そのようにして日々を過ごすしかないのだと、
ようやく自分を許せるような気がしました。

東北では、大変な思いをしている人々が溢れ、
関東でも不便な生活を強いられている人たちが沢山いて、
けれども、今、自分たちに出来ることは何もない・・・・。
無傷だったわたしたちは、ただ、日々の生活を今までとおりに営み続けるだけ。
東日本の苦労を少しは分かち合いたいと思っても、
おそらく実際にそれをすることは、何の役にも立ちません。
せめて心だけは寄りそいたいと願うけれど、
毎日の暮らしは、わたしたちなりにいつもと変わらず続けるこしかできません。
そうすることが間接的に、東日本が一日も早く日常を取り戻すための
役に立ってくれることを信じることにしました。
12:21  |  つれづれ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。