03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

さようなら、スーちゃん

2011.04.25 (Mon)

先日、スーちゃんこと、元キャンディーズの田中好子さんが亡くなりました。
つい最近、といっても、一昨年の暮れになりますが、
東京DOGSで、おっとりマイペースなお母さん役を好演してらしたし、
素麺のCMといったらこの人、というくらい、
常に身近に感じられる女優さんだっただけに、驚きました。
人知れず長い闘病生活をされていたというのも驚きでしたが、
やはり、スーちゃんといえば、わたしたちの世代にとっては
キャンディーズとしてのスーちゃんです。
ことに、春はキャンディーズを思い出す・・・・・。

「雪が解けて川になって流れてゆきます
 ツクシの子が恥ずかしげに顔を出します」

わたしは、キャンディーズの「みごろたべごろわらいごろ」が好きでした。
当時は、「カックラキン大放送」や「たまりまセブン大放送」など、
ほんとに楽しんで見ていましたが、
その中でも、キャンディーズのみごろたべごろは、
明るく健康的な面白さで、本当に楽しかったなあ・・・・。

今回、スーちゃんが亡くなったことで、
キャンディーズの三人が、今までずっと交流を保っていたことがわかって
なんだかとても嬉しい気持ちでした。
スーちゃんが亡くなったのに、嬉しいなんて言ったらいけないのだろうけど、
あんなふうに一世を風靡した三人が、
アイドルでなくなっても、おばさんになっても、交流を続けていた、
それって、なんでもないことだけれども、すごいことだなと思って。
ほんとの「フツウの女の子」だって、年を経ていくうちに、
少女の時分の友達とは疎遠になってしまうもの。
でも、キャンディーズはそうじゃなかったんですね。
同じ女性として、とてもうらやましくもあり、
自分もそうありたいと、今更ながら思いました。
スポンサーサイト
22:18  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

桜の頃も過ぎて

2011.04.25 (Mon)

今月も日記の更新がままならず、ご無沙汰しております。
先月開室した学習教室が、今月から授業をスタートさせ、
授業・研修に追われつつ、従来の仕事も続け・・・という中、
なかなかこれまでのように自分の時間が持てない上、
日本国内でも身近なところでも、悲喜こもごもで心落ち着かず、
もともとズボラな性格も災いして、ついついブログの更新が後回しになっています。
ミクシィのボイスや、ツイッターなど、より手軽につぶやけるツールで
間に合わせてしまっているというのもあります。
とはいえ、やはり日記に残しておきたいことも日々沢山あるわけで、
ブログは細々とでも続けていきたいと思います。

さて、忙しい忙しいと書いてはいますが、
これはあくまでも「無精者のわたしにしては」というレベルで、
バリバリ働いている職業婦人(死語、というか、今時こんな言葉を使ったら叱られそうですが)からは鼻で笑われそうな日常で、お花見だってちゃんとしました。
今年は春が来るのがことのほか遅かったような気がします。
雪国の積雪が記録的な量で、テレビのニュースで見る度に
ああ、雪国にも早く春が来ればいいのに、と心から思いました。
もうちょっと、もうちょっとの辛抱だから、と思っていた矢先、
あの大震災が起こり、春を待ち焦がれていたであろう北国のかたたちの上に
更なる苦難が襲い掛かりました。
避難生活の厳しさが少しでも和らぐようにと、早く暖かくなってほしいと願いましたが
今年の春はいつまでもグズグズと冬を引きずって、
歯がゆい思いをさせられました。
そんな中でも、桜は咲き、そして散っていきました。

わが家では、結婚以来、毎年、吉野山の桜を見に行っています。
12年続けてきた行事でしたが、今年は夫婦共通の休みと桜の時期が合わず
吉野へはダンナだけが行きました。
そのかわりと言ってはなんですが、夫婦では吉野の桜が盛りになる前の4/9、
近所の川へ花見に行きました。
まだ八分といったところでしたが、そこそこお花見を楽しめました。
小鳥も嬉しそうに花のの間を行ったりきたり。
  
川沿いに隣の道明寺駅までずっと桜並木が続いていますので、
ハイキングがてら歩いて、それから玉手山公園へ。
昨年は道明寺駅近くのスーパーで巻き寿司を買っていきましたが、
今年は家からおにぎりを作って持っていきました。
気持ちのよい日で、公園は家族連れでにぎわっており、
美味しくお弁当を食べました。
写真2  

夫婦で吉野山へ行くつもりで休みをあわせていた4/10には、
吉野の桜はまだ見ごろではありませんでしたので、
この日は義母の見舞いに行ったついでに、狭山池の桜を見てきました。
狭山池は日本最古の溜め池ということですが、
それよりもよいお花見スポットとして親しまれています。
池を整備する前は、立派な桜の木が沢山植えられていたのですが、
工事に伴っていったん全て撤去され、そのあと若い苗木が植樹されました。
ちょっとした風にもゆらゆらしている若木が、果たして根付くのかどうか
なんとも心許ない風情ではありましたが、
やがて弱弱しいながらも花を咲かせるようになり、
数年たった今では堂々たる姿になってきました。
写真19 写真9 写真5

翌週は、わたしの職場近くの桜を見に。
今の職場には既に丸八年いますが、近くにある桃が池公園の桜を
満足に見たことがありませんでした。
普段は正午頃にはまだ仕事時間ではありませんから、
のんびりランチタイムなど楽しむ余裕もあるのですが、
桜の時期は春休みですので、子どもたちを預かる職場は朝から夕方まで結構忙しく、
お昼時にウロウロお弁当など持って花見に行く余裕がないのが現実。
来年こそはと思いながら年を重ねてきましたが、
今年は吉野へ行けないのが幸いして、休日にどこかもう一箇所お花見をということになり
桃が池の花見が実現しました。
まずは文の里のセルペペで食事。
いつも文の里あたりで一緒にランチをしてくれる友人が、
今身体を壊していて、なかなか食事に出ることもかないません。
セルペペもその友人に教えてもらった店ですので、
彼女と一緒でないことがなんだかとても淋しかったのですが、
気を取り直し、いつもと違うメニューを頼んでみました。
写真27 写真28 写真29 写真30 写真31 写真32
とても美味しくランチをいただいたあと、ぶらぶらと桃が池へ。
すごい!!
こんなにきれいに桜が咲いていて、こんなに人でにぎわっているお花見スポット!!
職場が近いものですから、知り合いの顔もあったり。
 
そこから少し歩いたところに、うるし堤公園というところがあり、
そこもお花見スポットだとネットで見ていたので、そちらへ移動。
  
そのまま東武市場前駅まで歩いたのですが、
あとからこの近くの同僚に聞くと、反対方向へ歩いたほうが沢山桜が見られたとのこと。
まことに、先達はあらまほしきものなり、といったところです。

今年はなにやら身も心も慌しい中を縫っての、近場での花見でしたが
慌しい年だからこそ、花を愛でもしたいし、その記録も残しておきたいという気持ちになりました。
寒い寒いと思っているうちに、もうGWがそこまで来ています。
GWはちょっとのんびりして、生活のリズムを立て直したいと思います。
21:31  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。