03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

イタリア語の進捗状況

2014.04.24 (Thu)

明日はイタリア語のレッスン。
どうしても平均10日くらいあくので、
その間は「テレビでイタリア語」と、ラジオの「まいにちイタリア語(入門編)」と、
自分で買った問題集とで自習してますが、なかなかね~(^^;;;
先生のところでは、ダイアローグのプリントテキストでロールプレイしたり
カードで単語を覚えたり、普段の会話のちょっとした言い回しを教わったりと
会話に必要なことを習うのがメインになってます。
まだまだ全然会話にならないけど(^^;。
だもんで、文法(?)のほうは、まだare動詞をがんばってるところです。
なかなか進まないな~。
でも、すでに習ったこともなかなか口に出てこないから、
このペースじゃないとムリやね。
前置詞とかもやったけど、まだまだ覚えられてないし。
で、家では単語練習と、文法の予習復習やってます。
予習ではare動詞、ere動詞、ire動詞、不規則動詞・・・とやりましたが、
なんといってもまだまだ知っている動詞の数が少なすぎるのと、
不規則動詞の活用を全然覚えられてない・・・・・。
essereとavereとandareくらいはすぐ覚えたけど・・・・(^^;
単語帳に活用書いて覚えるようにしてますが、なかなか。
とりあえずざっとでもこの先やることに目を通そうかと、
問題集で先に進んでますが、代名詞的小辞(?)とかさっぱり。
目的語代名詞の変化も覚えられないし・・・・。
近過去もチラ見してリクツはわかったけれど、
とにかく動詞の語彙数を増やさないことにはどうにもならず、
現在の活用すらままならないのに、過去分詞はまだまだだなー。
名詞にしろ動詞にしろ、当分はひたすら語彙を増やす作業かも。
朝のテレビ小説の花子の「辞書を引くときがときめく」のは
わからなくないなーと思うけど、なにせローガンズなもんで
辞書の細かい字が肩凝る肩凝る(^^;;;;;
でも、結局どんなシュミもどこかしら身体使うので
体力のない私には結構しんどくて「もうヤメ!」ってなるけど、
机の上でする勉強は一番ラクなシュミかも・・・・www
ホントは語学って外に出て人間と言葉のやりとりしてこそだと思うけど
私はとりあえず今は勉強することそのものをシュミにしてるので
イタリア人と喋れるレベルまでは全く目指してません(笑)。
メニューとか看板とか、ちょっと考えたら大体わかる、というレベル。
あとは簡単な自己紹介ができたり、
お店で買い物するのにあんまり困らないレベル(^^;;;;
今年一年でどれくらい達成できるかなあ??
たぶん、度胸のある人は、それくらいのレベルは
トラベル英会話集見て、ぶっつけで充分やん、てなものなんだろうけど、
日本語ですら自己紹介や買い物のニガテな私には
かなりハードル高いのです(汗)。
まあ、当分イタリアに行く予定もないし、
(今年どこかに行くとしたら台湾かシンガポールあたりだと思うし、
次にヨーロッパに行くとしたら、ダンナがウィーンと言ってるので
ドイツ・オーストリアになると思うし・・・って、いつの話や(笑))
のんびりゆっくり学びますwww
スポンサーサイト
12:32  |  つれづれ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

我が家の春

2014.04.15 (Tue)

昨秋から今春にかけて、忙しかったり体調崩したりで、
チューリップの球根すら植える気合がなかったのですが、
今頃になって、昨年掘り起し損ねたらしい球根から、
チューリップがひとつ花をつけました。
ショボいといえばショボいのですが、
思いがけずに咲いた一輪なので、とても可愛らしい。

ほかにも・・・・
冬からほったらかしのシクラメン・・・・

3年目のビブルナム・・・・。

これまた3年目のクリスマスローズ・・・

そして、昨年、ダンナの実家から一株だけ救出してきたゼラニウム。

玄関の階段下に勝手に咲いた雑草
        

・・・とまあ、ほったらかしていても、
どうにか春の花たちがチラホラと。
枯れたかと思っていたユスラウメもちゃんと花をつけたし、
ちょっと前にはジンチョウゲもよい香りを放っていました。
アジサイもモミジも生き延びています。
エラいねえ・・・・。


この春植えたのは、これだけ。↓


わが世の春、ならぬ・・・我が家の春 でした。














16:53  |  お花  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

花の山

2014.04.15 (Tue)

4/13(日)は、吉野山へお花見に行ってきました。
我が家では恒例行事になりすぎてしまいましたが、
今年はお天気がどうかなと危ぶんでいたところ、
どうにか曇りの予報に落ち着いたので出かけることに。

いつも通り、吉野駅から中千本公園までバス、
公園前で降りてちょっと異動し、そこから奥千本口までマイクロバスに乗るのですが
マイクロバスの乗り場がいつも混雑して大変だったせいか、
今年は少し乗り場が変わっていました。
断然こっちのほうがスムーズ。
マイクロバスも、数年前から定員制で全員座れるようになったし、
年々いろいろと改善していっているようです。

奥千本口から例年のごとく吉野愚痴へ向かってひたすら歩いてくだります。
下のほうはかなり散っていましたが、水分神社のしだれはこの通りの見ごろ。


見下ろせば、この景色です!
散りかけの桜は花弁だけでなく濃いガクの色が見えるので、
白から薄紅、ピンクに赤と
遠目には却ってグラデーションがキレイに見えます。




「一目千本」の桜を見下ろしながらのお弁当。
レジャーシートを持っていかなかったので、そのまま腰を下ろしました。





下の白いのは、しだれ桃だそうです。
ものすごく可愛い。





山を下りて、駅前で土産物を買ったり、ソフトクリームを食べたりしてから、
特急でいったん阿部野橋へ。
なにせ日頃運動不足なので、山を下るだけで結構ふたりともヘトヘトになるので、
帰りはなるべく特急券をとるようにしているのです。
近鉄特急は、我が家にとってはかなりのゼイタク~(笑)。

阿倍野でインド料理を食べて、帰りました。

14:42  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

OB会は花盛り

2014.04.12 (Sat)

今日は、かつて勤めていた会社で所属していた部のOB会でした!

お勤めしていた頃は、会社なんて辞めたーい(>_<)とヘタレ全開の私でしたが、
今回、OB会のお誘い電話が来たときはすごく嬉しくて、
今日の来るのをとても楽しみにしていました♪

私の部署は、京都店が主力で、わたしは大阪店に駐在とでもいうような形でした。
最初は課長と大先輩のKさんと私との三人で大阪を受け持っていましたが、
すぐに大阪駐在はわたし一人になってしまい、
部屋に機械とわたしだけ、という、なんとも寂しい有様が数年続きました。
今回のOB会では、Kさん、京都店にいらしたかた11名、
そして部署は違うけれど、大阪店でお世話になったかた二人、と
総勢15名の集まりとなりました。

大所帯だった会社が、いまは小さく小さくなってしまい、
そのため、今回集まったメンバーも今は散り散り、
全く別の環境でのお仕事です。
かく言うわたしも、大阪店を閉めるに当たり、
一番最後まで残った女子社員3名のうちの一人として
会社を去りました。
そんなバラバラになった面子を集めてくださった幹事さんに感謝!

大阪店でお世話になった先輩H美さんと待ち合わせしてお店へ。
ちょっと迷ったりしましたが無事お店に着き、
懐かしい顔ぶれにお目にかかることができました~♪♪

がんこ寿司、曾根崎本店にて。







しっかり食べて、沢山お話して、お店を出ましたが、
結局全員そろって曾根崎から造幣局まで歩きました。
60代70代のかたも多かったのですが、
皆さんめっちゃお元気(>▽<)。
造幣局は、昨日から通り抜け開始だったそうですね。
わたしは20年くらい前に一度行ったきりです。
 






見頃とあってすごい人出ですが、昔行ったときに比べれば、
まだいくらかサクサク歩ける感じ・・・・・。
今日、OB会の前にも一度見てきた、というかたがいて、
昼間はやっぱり身動きできないくらい混んでいたそうです。
土曜日だもんね。





だいぶ暮れてきて・・・・。
下の写真・・・・。
紫がかった薄墨を淡く流したような空に、白いお月様が。







桜の前でみんなで記念撮影をしてから、またぞろぞろと梅田方面へ。
みんなで固まって歩いていたわけではないので、
知らないうちに人数が減っていって、自然解散・・・・(^^;
でも、そのほうが、またすぐ会えそうな気がしていいかな~。

ちょっと天王寺で晩御飯の買い物をして帰ったら、
9時をだいぶ回っていました。
家を出たのが12時だったから、
今日は久しぶりにまるまる遊んだ感じw
とってもリフレッシュできました!!

23:31  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

べりちゃん初登場

2014.04.06 (Sun)

うっかりしておりましたが・・・・・
先日、イタリア語のレッスンに行った際に、
先生宅の猫ちゃん「べりちゃん」の写真を撮らせていただきました♪



↑にゃっーと言いかけてる瞬間・・・・♪
小柄で超可愛いし、にゃーと鳴く声もおんにゃの子みたいに可愛い(^^)

ウロウロしちゃって、なかなか撮らせてくれないので、
先生がつかまえててくださいました(笑)。
ちょっと不服顔(^^;


大人しくてとってもいい子。
先生のごきょうだいにも懐かないらしいのですが、
私にだけ割合フレンドリーなんだそうで、先生も驚いておられます。
でも、なにせ猫ですから、気まぐれさんです(笑)。
寒い日は、レッスンしてるお部屋にストーブがあるから
それにあたりにきてくれるのですが・・・・
暖かい日は二階に上がったきりだったりします。
ま、うちの連中もそんな感じですからねー(^^;;;;;

それにしても・・・先生が日本語と英語とイタリア語、
旦那様がフランス語と英語をお話しになる家庭で、
べりちゃんは果たして何語を介しているのやら!?
4ケ国語をマスターしてるのかな!?

先生からいただいた猫ちゃん紙ナプキン。

先生宅にも、これは我が家で見たことあるぞ!?(笑)的な猫小物とか、
その他色々置いてあります。
猫好きのサガですよねー♪







15:20  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

玉手山の猫

2014.04.03 (Thu)

昨日、玉手山公園で出会ったニャンコたち。
サビ猫(メスでしょうね)と黒猫(オスらしきものがついていましたw)。
兄妹なのか、つがいなのか、仲良さそう。
丁度お弁当を食べ終わったタイミングで現れたので、何もあげられませんでしたが、
全く痩せてはいなかったので、近くの飼い猫か、
あるいはどこかでエサをもらっているのかもしれません。
ワリと近くまで寄らせてくれるので、人馴れもしているようです。
サビちゃんは、自分からそーっと近づいてきたので、
一瞬頭に触れたら、びっくりしてあとずさっていましたが(^^;










さて・・・、昨日から容体の芳しくない母、
なんか『装甲騎兵ボトムズ』ですかって感じの大袈裟な酸素マスクをつけられています。
普通の酸素マスクだと、自力で酸素を吸い込まねばならず、
その力が不十分なので、今のマスクは酸素が結構勢いよく口に向かって放出されてるもの。

昨夜、父のところへ主治医の先生自ら電話してきて、
またチューブはずそうとしたり駄々こねて暴れるから、
強い精神安定剤使います、とのことでした。
それを使うと呼吸のほうに影響があるらしく、
最悪の場合も覚悟してほしいという旨の連絡だったようです。
せっかく肝臓がんの手術はうまくいったけれど、
肝臓が一部切除されて小さくなっているわけだから、
従来の機能を十分果たせていないだろうし、
その分、身体のほかの部分に負担は来てるはず・・・・。
そして、手術の麻酔から覚めたあとの肺のリハビリもできてないから、
呼吸だって充分ではないし、その分、心臓にも負担が来てるんでしょう、たぶん。
そのうえ、頭のほうがマダラちゃんなので、
ワガママに歯止めがきかないから、暴れればその分
体力は消耗するはず・・・・・。
結構、八方ふさがりかも・・・・?(-_-)

父は、今度こそアカンかも、とすでにお葬式のことに思いを巡らせています。
家族・・・父と私とダンナと、あと母に一番よくしてくれた友人ひとりと
それくらいで小ぢんまりと・・・・と考えているようです。
親族に声をかけてお世話をかけると、
あとに残った父が充分に今後のおつきあいをしていけないから、ということのようです。
母が、父の親族とは疎遠にしていたので、
わたしも父方の親族のことはほとんどわからず、
となると、父の思うようにしてもらうのがたぶん一番いいのでしょう。
母の兄たちも弱っていて、来れるかどうかわかりませんし。
私も女で体裁を整える必要のある身ではないし、
それなら、残る父に負担のないやり方が一番なのかも。

とはいえ、今まで何回も「今度こそあかん」となっては
復活してきた母なので・・・・、実際のところ、さっぱりわかりません。
父的には、駄々をこねて暴れる→強い安定剤で眠らせる→身体に負担→
目が覚めて駄々をこねて暴れる→強い安定剤で眠らせる→身体に負担・・・
の繰り返しで、心臓がもたないだろうという予想なのですが・・・。
正直、皆目見当がつきません。
今度心臓が止まったら、もうそのまま・・・と父も考えていますが、
案外持ち直すということも考えられるし、
やっぱりダメかもという気もしないでもありません。
見通しがつかないから、わたし自身は、さしあたり
普段通りに生活せざるをえません。
気にはなるけれど、仕事に行けばタメイキばっかりついてるワケにもいかず、
笑いもすれば大声も出すし、お弁当やおやつだってしっかり食べます。
父は、わたしより母と向き合う時間が長い分、
精神的にはしんどいだろうなあ・・・・。
そのことばっかり考えざるをえないだろうし。
わたしは仕事にいけば、沢山のことを感じたり考えたりできますが。

今はまだ、どう転ぶかわからないことなので、
わたしはわたしの日々の暮らしを続けながら、
仕事の行き帰りや休みのときに、ちょこちょこ顔を出すようにしています。
一人娘として十分なことは出来ていないし、
はた目にはドライに映るんだろうなと思うけれど・・・。
父の体力気力が限界にきたときに、私は充分な余力を持っていたいし。
なんだかんだ言っても、まだナントカなるんじゃないかという、
楽観的な気分もあるのです。
「マイナス思考」と言われがちな私ですが、
こういうところは結構図太く、打たれ強く、楽天家です。
どうでもいいような愚痴はよく言うけれど、
本当にしんどいこと、つらいこと、大変なことは、
あんまり口にも顔にも出さないので、あとになって驚かれることが多いです。
口にして楽になる種類のことは、盛大に愚痴りますが、
口にすることで却って心が折れたり、人からの助言が負担になったりする場合は
秘めてしまったほうが平常心でいられます。
あ、でも、ここで書いてしまったら秘めたことにならないのか(笑)。

とりあえず、ドライかもしれないけれど、今はなりゆきを見守るだけです。
子供っぽくてワガママな母ではあるけれど、
生まれてから77年半、病気とは誰よりも戦ってきたので、
あとは自然にまかせようと思っています。
寿命が尽きていなければ、またこれまでのように復活をとげるでしょう。
娘としては、それを平常心で見守っていきたいと思います。

今日、仕事帰りに寄ったら、最初眠っていたので、
何もすることがないし、30分くらいで帰ろうかなと思ってたのですが、
途中で「みる!(水) みる!」とゴネ始めました。
水を「みる」というのは、ろれつが回らないせいというより、
甘えるときは普段からわざとそう言うクセがあるのです(^^;
とはいえ、重装備な酸素マスクなのでムリ!と言うとゴネまくり、
アイスノンを替えて来いだの、ひも付きのパジャマを持ってこいだの、
めいっぱい要求だらけ(^^;
そのくせ「ひも付きのパジャマって、今来てるやつ(作務衣式の)みたいなんやろ」
と聞くと、「今着てるのんはボタンつき!」と断言。
うそつけー(^^;;;
作務衣式のん着ててもボタン式のだと感じるくらいなら、
別に大差ないってことよねー(^^;;;;
まあ、いいけど・・・・。
点滴と座薬(微熱があったので)入れてもらって、またウトウトしだしたので、
その間に帰ってきましたが・・・・・。
またゴネてないといいけどねー・・・(^^;








20:48  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

石川と玉手山の桜

2014.04.02 (Wed)

今日はダンナも私もお休み。

病院の面会時間まで、石川の堤へお花見に行くことに。
石川の堤の桜は、川風のせいかいつも少し開花が遅いので、
当初、今週はムリかなと思っていたのですが・・・・
ここ数日での、公園やら病院やらの満開ぶりを見るにつけ、
これは一週間後では遅いかも!と、行ってまいりました。

堤が近づいてきて・・・・
どうかな? 咲いているかな?
遠目に見て・・・、うん、咲いてそう・・・・♪


おっ、去年よりいい感じ。
去年はまだちょっと早かったんじゃないかな?
今年はキレイな桜のトンネル♪








タンポポも可愛いです。
やっぱりピンクと黄色は春の色。







・・・!!?
イノシシに注意!?
どんな山奥やねん!?

玉手山への吊り橋が見えてきました。



玉手山の公園も花盛りです。
陽気もよいので、家族連れや学生グループも、お花見に来ています。





お弁当広げて・・・・・
朝昼兼用なんでドッサリ。
お腹一杯♪







公園をあとにして、例年通り、国分のほうへと山を下り、柏原経由で道明寺から帰ってきました。







さて、帰りに私だけ途中でバスを降りて、病院へ。
そしたら、病院では何やら大ごとになっていました(-_-;)
午後になって、母がベッドか落ちたらしく・・・・。
オシッコやら酸素の管がつながってるのに、
帰ろうと思ったんでしょうかね・・・・・。

まあ、それもそれなんですが、やっぱり容体がよろしくないのです。
肺炎のせいもあるけれど、充分酸素をとりこめない。
なので、なんだか普通より大袈裟な機械のついた酸素吸入器を
とりつけられてしまいました(>_<)。

いや、まあ、それもそれして・・・・・
やっぱり少々、まだら・・・・な感じなんですよねー・・・。
認知症、とはっきり診断してもらえば、
介護の5をもらえそうなので・・・
父もいよいよ施設を考えているようですが・・・。
難しいなあ・・・・。
認知症のまだらな間は、やっぱり難しいし可哀想。
義母のときも、最初はやっぱり可哀想だったなあ・・・・。
でも、24時間誰かが見ているわけにいかない以上、
自宅に連れて帰れば安全を確保してあげられないし・・・・。
本人の安全のためにも、施設・・・ということになるんだろうれど、
やっぱり家に帰りたがっているのも確かで。
父がどういう判断を下すかだなあ・・・・・。


19:14  |  お花  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。