05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

日永の追分

2010.07.23 (Fri)

遅くなりましたが旅の記録・・・・。
先日・・・、7/13、湯ノ山温泉に行って来ました。
わたしは「どこへ行きたい?」といわれれば、
いつも、富山で白海老とか、雄琴温泉でマッタリとか、長島温泉&なばなの里とか、
舞鶴の赤レンガ倉庫街とか、それなりに希望も出し、具体的プランも言っているつもりなのですが・・・・
あんまり何度も聞かれると面倒くさくなるし、
何度も聞くってことは、それまでわたしの出し案が気に入らないってことなのかなと、
つい、「まあ、どこでもいいよ」になってしまうんです。
で、今回もわたしの案は何度もスルーされた結果
「ぼくは湯ノ山温泉に行こうかと考えてるねん。
日永というところの追分(昔の街道の分岐点)を見て、
四日市でご飯を食べて、ご在所だけのロープウェーに乗ったらええと思うねん。
それで温泉に泊まって、次の日は名古屋へ足を伸ばして
ちょっと観光して櫃まぶしでも食べて帰ったらどうかと思って」
ふむふむ、とりあえず一通りのプランもあるようだし、
今回はお任せするとしようか、
でまあ、行くからには自分もそれ以外に何か興味のあることはないかなと、
事前に色々調べてはみたのですが、特にそそられるものはない・・・・(^-^;)。
日永には日永うちわという名産があるから、
もしたまたま見かけたら土産に買ってもいいし、
とりあえず私は温泉と櫃まぶし目当てってことでいいか。
四日市で昼食になるというから、ネットであれこれ
四日市の美味しそうなカフェやレストランをピックアップ。
日永で時間を食う可能性もあるのかなと思って、
日永周辺でも検索しておきました。

で、13日当日。
んー、生憎の雨模様。
でもまあ、カンカン照りよりはいいのかなあ・・・・・
今回はわたしの中では温泉と食事がメインだから、
まあ多少お天気が悪いのはいいや・・・・と。
難波に着いて駅弁を買い、列車に乗り込みました。
 

うーん、車窓にはやっぱり雨が・・・・。
ま、ドンマイドンマイ。
そうこうするうちに四日市到着。
そこからローカル線に乗って日永へ。

日永に着くと、やっぱり雨。
まあ小雨でしたから、とりあえず折り畳み傘を開いて駅からほど近い追分へ。
 
ふうん、これが日永の追分ねえ・・・。
 
要するに、東海道と伊勢街道の分岐点というわけです。
  
左:伊勢参道、右:京・大阪道、直ぐ:江戸道、と
三方向へ道が分かれています。
でも、こんなのってウチの近所にも幾つもなかったっけ(^-^;)。
うちのほうは、伊勢方面、高野方面、紀州方面とかを記した道しるべだけど・・・。
ま、うちのすぐそばは、日本最古の街道である竹之内街道が通っていますから。

それはさておき、写真を撮る間に雨脚が強くなってきました。
慌ててまっすぐ駅に戻ると、ちょうど列車が一本出ていこうとしていたので
ダンナに「あれはウチらの乗る電車とは逆方向やっけ?」と尋ねると
「うん、そうそう」と答えたのでのんびり改札を入って、
ホームで反対方向から来る列車を待ちました。
雨の降る中、線路際に降りて何かしきりについばむスズメたち。
 

線路で干からびた頭のないカエルは、雨に濡れても元のカエルには戻らず・・・・!?
そういえば小学校時代、丁度今と同じような真夏、
大きなおたまじゃくしを沢山つかまえた友人が、
ドブの上にフタとしておかれた鉄板の上へ、そのおたまじゃくしたちを置く遊びをしていました。
鉄板は真夏の太陽にさらされてガスレンジの上のフライパンみたいになってますから、
おたまじゃくしは一瞬でジュワッと湯気を上げて、
たちまちひからびていきます。
そのひからびたおたまじゃくしを「戻してあげよう(笑)」と
鉄板と鉄板のスキマからドブの水の中へ投げ込んでいました。
なんて殺生な、と思いう半面、子供心にそれはとても面白い遊びのようにも思えて
強くは止めることができませんでした。
子供というのは残酷なもんです。
いま、子供と接する仕事をしていて、子供が虫やトカゲをいたぶるのを
「あかんよ、そんなカワイソウなことしたら!」と叱っては、(近頃の子は!!)と思いますが、
こうやってふと昔の子供たちのことを思い出すと、
いつの世も子供というのはこんなものなのかも、と思ったりします。

さて、そうこうするうちにさっきと逆方向の電車が来ましたが、
乗る気配のないダンナ。
「これとちゃうの?」と聞くと「あー、逆方向やから」。
「えっ、じゃあ、さっきの電車でよかったん?」「そうそう」
なんやねん、それーっ。
ローカル線なので、なかなか来えへんやかー・・・・・。
まー、急ぐ旅ではないからいいけどさー・・・・。
日永で何もすることがなかったので、あっという間に四日市に戻ってしまって・・・・
まだお昼ご飯には早すぎる・・・。
胃の中に駅弁が残ってます。
折角四日市のお店とか検索したんだけどなー・・・・
だからといって、雨の中、四日市で時間つぶしてもしょうがないので、
そのまま湯ノ山温泉に向かうことにしました。

(つづく)
スポンサーサイト
20:19  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/1999-ae2c40ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。