08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

さらば鉄道博物館

2011.02.14 (Mon)

それにしても大宮鉄道博物館、テツにはたまらないでしょうね。
わたしは決して鉄子ではなく、やや鉄分入ってる程度の女ですが、
それでもわりあい楽しめましたよ。
  
わたしは元々、「物」を擬人化して考える傾向があって、
列車の場合には、たぶん「機関車やえもん」とか「山手線のあいちゃん」(新井素子)なんかの影響か、
どうも生き物のように感じているフシがあるのです。
ついついフツウに、「あ、あそこにゼロ系がいる」とか
「N700系ってヘンなカオやね」とか言ってしまいます。
で、そのゼロ系ですが。
やっぱり新幹線といえばゼロ系の顔が一番可愛くて好きなわけです。
前にも日記に書きましたが、昔、「未来警察ウラシマン」で
昭和から未来に飛ばされた主人公が、ある時博物館の中で
懐かしいゼロ系に出会う・・・・という回があって、ものすごく感動しました。
ウラシマンを見た頃にはまだゼロ系は現役でしたが、
ゼロ系が退役した今、博物館でゼロ系の顔を見たら、
あのときの主人公と同じような気分になりました。

ゼロ系のこの展示・・・・、昔、ゼロ系がデビューしたときの、
華々しい姿を模しているんですよね。
こちらがデビュー時のリアル写真です。

この写真と見比べたら、なんだか涙が出そうになりました。
なんというか・・・・・上野の博物館でニホンオオカミやらタロとジロやらの剥製を見たときのような
どう言ったらいいんでしょう、ごめんね、なのか、おつかれさま、なのか、
ありがとう、なのかよくわからないのですが、胸に迫るものがありました。
列車は走ってナンボ、博物館に展示されてる列車は、まるで剥製のような気がします。
それでも、残してあるだけマシ、アジアなんかで再利用されているものを除けば、
大抵は処分されてしまうんでしょうしね。
博物館でゆっくり隠居生活してもらうのは、それはそれでいいのですが、
なんだか悲しいような切ないような、どうしようもなくやりきれない気持ちになりました。
そんなん言うてたら博物館の類には行けないので、
割り切ってはいるのですけどね。
動物園だって水族館だって、本来の状態ではない中で展示しているわけですしね。
いずれにせよ、ゼロ系は今は博物館で静かに暮らしています。

JRの駅という駅には、今は新型車輌「はやぶさ」のポスターがあちこちに貼られ
大々的に宣伝しています。
かつてゼロ系もこんなふうにもてはやされたのでしょう。

さて、気分を変えて、お昼を食べることに。
博物館内には昔の食堂車のメニューなども再現されていたのですが、
混みあっていてとてもゆっくり食事できそうにありません。

なので、駅弁を買って、展示車輌内でいただくことに。

古い車輌内に新たにテーブルなどをしつらえて、食事できるようになっています。
みんな旅行気分で楽しそうです。
わたしは津軽味祭弁当。
 
ダンナは幕の内です。
 
食堂車のメニューも食べてみたかったのですが、
動かない列車の中で食べる駅弁も、結構美味しかったです(笑)。
かえる前に、このミニシャトルにも乗ってみたかったのですが、
生憎、悪天候のため運行中止でした。しょぼん。
 

なにはともあれ、結構堪能してヘトヘトになって
鉄道博物館をあとにしたのでした・・・・・・(^-^;)

スポンサーサイト
18:30  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/2661-346ac73a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。