10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

久々の観劇

2012.10.23 (Tue)

昨日は、二年ぶりの観劇。
『騒音歌舞伎(ロックミュージカル)ボクの四谷怪談』です。
前回がおととし、GACKTの眠狂四郎でした。
どちらかというと、映画よりもナマモノが好きな私ですが、
映画に比べるとお高いのがクセモノ。
どうかすると映画よりゼロひとつ多いんですから。
でも、今回は、仮面ライダーオーズでファンになった三浦涼介くんが出るのを知って、
思わずチケットを申し込んでしまったのでした。
若いときのように、好きな役者さんだから常にチェックするとかではないので、
このお芝居のチケット販売を知ったのは、ほんの偶然。
生協のカタログからです。
いつもは日用品と食料品のジャンル以外は、ろくに開きもしないのに、
たまたま見ていて、たまたまりょんくんの名前を発見したのでした。
希望していた土日のマチネはとれませんでしたが、
ま、久しぶりの観劇だしと、早めに仕事の休みをとりました。
結果的には、日曜日に友人たちとのプチ同窓会が入りましたので、
却ってよかったなというところです。
あとからよくよくお芝居の内容を確認してみると、超豪華なキャスト!!
主演は佐藤隆太、ほかに小出恵介、勝地涼、栗山千明、谷村美月、
尾上松也、麻実れい、勝村政信、瑳川哲朗、とまあ、結構好きな人が沢山。
演出は蜷川幸雄。
蜷川幸雄の舞台といえば、二十代の頃、
『身毒丸』(武田真治の初演の頃だったかと)を見に行ったことがあります。
私は基本的に、映画やお芝居は一人で見に行きます。
自分の好みにあうものをたまたま人から誘われたときには、
喜んで一緒に行かせてもらいますが、
自分で見つけて行きたいなと思ったものは、あまり人を誘いません。
というのも、一緒に行くのがどうしてもイヤ、というのではなく、
映画はともかく、舞台などはチケット代もバカにならないので、
誘ってもし相手があまり楽しめなかったらと思うと、
妙に気を遣ってしまうからです。
一人で半日くらい余韻を楽しみたいというのもあります。
そんなわけで、かつて見た身毒丸も、一人で見たのですが、
当時、三上博史が若い頃に主演した映画『草迷宮』なども気に入っていましたから、
寺山修司的な世界に、少しかぶれてもいたのでしょう。
その『身毒丸』の記憶が残っていましたので、
今回の舞台も蜷川演出ということで、その意味でも楽しみにしていました。
場所は森ノ宮ピロティホールです。
思ったとおり、三浦涼介くんは光ってました♪
ファンの欲目ではないと思います。
主演の佐藤隆太が、ある意味「普通」で、毒がない分、
りょんくんは、ヌラッとした雰囲気を醸してくれていたかなと思います。
キレイで退廃的でちょっとB級チックでチープな胡散臭さが、
あの規模の劇場にはよく似合うと思います。
ちなみに、私の隣も後ろも、りょんくんファンと思われるお客さんでした(^^;
そういう意味では、三浦涼介、栗山千明、谷村美月あたりには
今後、このテの舞台でもっとメインの役どころを演じてほしいなあと思いました。
もうちょっとお安くて、もっとロングランだったら、
お芝居ってせめて二回は見たいところなんですよね。
最初の頃と最後のほう。
昨日の公演は、渋谷シアターコクーンと森ノ宮ピロティホール通じての千秋楽。
充分練れて、アドリブもいっぱいだったんだろうなあ。
二年前にガッくんの狂四郎を見たときは、
わりと公演期間の最初のほうで、それはそれで緊張感があってよかったのですけどね。
二回見るとそこらへん見比べられて、面白いと思うんですが、
なかなか金銭的にも時間的にも余裕がありません~(>▽<)。
実は、旧友に誘われて、12月の『日の浦姫』のチケットも手元にあります。
これまた偶然にも蜷川芝居。
藤原竜也といえば、わたしがかつて見た『身毒丸』の二代目です。
残念ながら、藤原バージョンの『身毒丸』は見たことがありませんが、
今回の『四谷怪談』に比べると主演の二人以外キャストも控え目で、
ある意味、『身毒丸』に近い雰囲気が味わえるのかなと思っています。

観劇終了後、私が外出していることをミクシィで知ったマイミクのまりんさんからのお誘いで、
天王寺のQ'sモールでお茶をご一緒させていただきました。
二日続きのQ'sモール(笑)。
おしゃべりしている内、あっという間に7時。
ひゃー、お仕事オフ日を満喫してしまいました(^^;。
スポンサーサイト
15:30  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3139-338209bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。