07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

大改造!!劇的ビフォーアフター

2012.11.04 (Sun)

今日の、大改造!!劇的ビフォーアフターは、お友達のご実家でした。
丹波篠山の萱葺きの古民家。
もう番組冒頭から、萱おろしが終わるまで、
涙と鼻水でグダグダになってしまいました(^^;
行ったこともないおうち、お会いしたこともないお母さんで、
全く縁もゆかりもない家なのにです。
わたしは20代半ばまで、母方の祖母と同居していて、
「サザエさん」的な戦後に建てた平屋建ての母屋と、
わたしたち親子が住んでいた離れと、庭に建てた浴室がありました。
もともと土間づくりだった台所に、あとから板の間の床を作ったので
その段差分、流しが低くなって使いづらかったのを、
今日の放送を見て思い出しました。
祖母が入院するようになって誰も住まなくなった途端、
家の中のあちこちが傷みだして、悲しかったなあ。
家は人が住んで、外の風が入って、家の中の空気が動いて、
それで初めて健康な家であれるんだなあと、
その時思ったものです。
父方の実家にも、5才まで住んでいたことがありますが、
そちらは完全な百姓家で、さすがに萱葺きではありませんが、
今日の放送で出てきた家と同じような家でした。
土間から座敷へあがる段差がものすごく高くて閉口したのも
全く同じだし、増築部分とつなげた形も同じでした。
かつて牛を飼っていたのも同じ。
小さいころに薪割りさせてもらったことや、
外にあるトイレに行くのがこわかったこと、
板の間で近所中集まって餅を丸めたこと、
長い縁側で結婚式ごっこをしたことなんかを思い出します。
その家も、祖父母が亡くなった今は、もうありません。
20代まで過ごした母方の家もありません。
そして、どちらも、家がなくなる瞬間を私は見ませんでした。
今日の放送を見て、いろんな記憶がゴッチャになって、
懐かしくて、切なくて、目が熱くなって、
どうしても涙が止まりませんでした。
わたしが住んだ家たちの土地は、人手に渡してしまって、
全く別なおうちが建っているはずで、
だから近くを通ってもそちらへ目を向けることがまだできません。
あの家がなくなってしまった、ということを実感したくなくて。
その後、結婚するまで、二軒の家に住みました。
短い間でしたが、やっぱり思い出があります。
結婚して13年住んだマンションより、
それまでの4軒の家に対するほうが思いが深い。
私が、小さくても中古でも、地べたのある家に住みたかったわけは、
そこらへんのところにあるのかもしれません。
だから義父が、自宅にこだわっているのも、ものすごくわかります。
そんなことを色々と思いめぐらせながら見ていましたが、
番組のシーンが進んで萱おろしが終わり、
いよいよ改築が始まると、さっきまでの感慨もどこへやら、
もうワクワクしてしまって。
この番組は好きで、ちょいちょい見ていますが、
やっぱり新しいおうちが出来ていくのは楽しい・・・。
「家が建つ、家が建つ、ぼくの家ではないけれど」です。
マンション住まいの頃は、よく道を歩いていて
よそのお宅の普請を見かけると、中也のこの詩を
なんというか、嫉妬と羨望との入り混じった苦い気分で
思い出したものですが、この番組を見ているときは
すごく楽しい気持ちになれるんです。
今日は、お友達の家とあって、なおさらワクワク。
素晴らしい家が出来上がっていく様は本当に楽しくて、
しかもポイントポイントに元の家の名残をとどめてくれる心遣いは
毎度、この番組の好きなところです。
見終えてホッとしたところへ、実家の母まで興奮気味に電話してきました(笑)。
本当に素敵な家になってよかった。
第三者のわたしとしては、もとの萱葺き古民家そのままが捨てがたいけれど
実際に住むには難儀な部分が多いのもよくよくわかるし、
本当に明るいよい家、彼女のご一家にピッタリだと思いました。
はー、なんだか興奮して、くたびれてしまいました(笑)。
スポンサーサイト
21:49  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3155-de836fae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。