09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

日の浦姫

2012.12.23 (Sun)

『日の浦姫物語』観劇を決めたのは、まだ義父の存命中でした。
義父が入所するはずだった施設で働く友人が、
「お義父さんのこととかいろいろ大変やろう時に誘うのも何やけど
12月にお芝居見にいかへん?」と誘ってくれたのがこれでした。
丁度、『騒音歌舞伎(ロックミュージカル)ボクの四谷怪談』の
チケットも手元にあった時で、奇しくも同じ蜷川芝居。
観劇気分だったので二つ返事で誘いに乗りました。
その後、『ボクの四谷怪談』を見に行き、
翌月、義父が亡くなり・・・・バタバタと日が過ぎて、
あっという間に『日の浦姫』を見に行く日がやってきました。

場所は大阪城ホールの川向かいにあるシアターBRAVA。
主演は大竹しのぶと藤原竜也。
私は特に藤原竜也のファンではないけれど、
この二人なら安心して見れるかなと思いました。
二人芝居なのかな?と思ってましたが、結構な人数・・・・・。
むしろ終始長台詞で大変そうだったのは木場勝巳さん。
この人は、昔、風間杜夫の『銭形平次』で
八五郎をやっていたイメージが強くて、
その後、年をとってきてドラマでいろんな重い役を目にするものの、
やっぱり私の中では八五郎・・・・。
でも、すごく上手い人なんだなあと今回改めて思いました。
で、主演の大竹しのぶ、さすがの貫録。
15の少女から老婆まで、お見事。
もともと可愛らしい感じの人だけに
テレビはともかく、舞台では十分少女で通りました。
一緒に行った友人は「女優っていいなあ。
あの年で藤原竜也とラブシーンできるねんでー」だそうで(笑)。
ほんと、藤原竜也の妹役だなんてねー。

内容は笑いありシリアスあり。
今年は思いがけず『四谷怪談』『日の浦姫』と
蜷川芝居を二本立て続けに見たのですが、
今回の『日の浦姫』は、昔見た『身毒丸』に通じるものがありました。
今回の舞台でも、セリフの中に『しんとく丸』の名が。
もっとも、この「しんとく丸」は「身毒丸」ではなく「俊徳丸」かな。
というのも、この『日の浦姫』は劇中で「説経節」として語られるのですが、
『しんとく丸』は説教節の代表格。
説経節というのは、江戸時代の語り物文芸で、
「苅萱(かるかや)」「三荘太夫」「俊徳丸」「小栗判官」「梵天国」を
五説経と言うそうな。
(「苅萱」「三荘太夫」「「愛護の若」「信太妻(しのだづま)」「梅若」を
五説経という場合もあるらしいです)
身毒丸はこの俊徳丸から名前をとったんでしょうねえ。

それはさておき、『日の浦姫』。
近親相姦オンパレードの、かなりハチャメチャな話です。
井上ひさし作。
井上ひさしといえば、わたしなんぞは『ひょっこりひょうたん島』
『ネコジャラ市の11人』くらいしかわかりません(^^;
『吉里吉里人』も読んだことがないので・・・・。
でも、面白かったです。
近親相姦という禁忌を、切なく、でも面白おかしく、
だけど、ちゃんと教訓も含めつつ、ドロドロせずに終わる感じ、
なかなかよかったです。

やっぱり舞台は面白いな~。
もうちっょとお安いと、もっと見に行けるんですけどねえ・・・・(^^;
スポンサーサイト
22:33  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3203-1eb8a2eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。