06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

菜の花をもとめて~其の弐

2009.03.22 (Sun)

さて、昨日の散歩の続きですが・・・・・
テクテクと河原沿いのサイクリングロードを歩いていくと、
前方の河原にこんもり、雪柳とレンギョウが植わっているのを発見。

急いで、道から河川敷へと降りました。

More・・・

雪柳は、昔、うちの家の庭に大きなのが植わっていて、
そのせいですごく好きな花なのです。
香りをかぐだけで、昔へタイムスリップできる気がします。
「匂い」って結構、記憶と直接に結びついているんですよね~。

レンギョウは、子供の頃にはあまり馴染みがありませんでしたが、
家にはこれに似通った感じでエニシダの木がありました。
なので、なんとなく懐かしい感じではあります。

そして、よく見れば、河原のあちこちに、
この雪柳とレンギョウが植えられているじゃありませんか。
090321_1320~0001090321_1322~0001
いやー、春の河川敷・・・・行ってみてよかった。
昔、河原が整備されていなかった頃、自然に菜の花が沢山咲いていた頃に
家族でよく河原へ散歩しにいったもんです。
その頃は石ころだらけの河原で、よくきれいな小石を拾ったりしたし、
川には直接ぴちゃぴちゃと入っていけました。
今ではきれいに護岸されて、水面に手が届きません。
河川敷は整備されて、スポーツ少年たちのグラウンドになっています。
妙に小奇麗になってしまった河川敷を見るのが、実はあまり心楽しくなくて、
どうせもう菜の花なんて・・・・という気持ちがありました。
でも、こうやって人手によるものではあるけれど、
きれいに花が植えられているのは、なんとものどかな気分です。
それに雑草たちだって、頑張っていますからね。
090321_1336~0001
石段に腰をおろして、しばし川面を眺めました。

<つづく>
スポンサーサイト
18:24  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/324-e72a500f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。