04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

忙しくてもテレビは見る(笑)

2013.08.19 (Mon)

今季、見てるドラマは、

日曜日「仮面ライダーウィザード」「八重の桜」「半沢直樹」
月曜日「名もなき毒」
火曜日「スターマン」
水曜日「警視庁捜査一課9係」「ショムニ」
木曜日「京都地検の女」「妻はくノ一」「ぴんとこな」
金曜日「矢部謙三」
土曜日「山田くんと七人の魔女」

です。

「仮面ライダーウィザード」は例年のことながら、このラストスパートに及んで
高校野球で抜けまくって、抜き打ちのように空いた時間に
放映されるので油断がなりません。
一応、番組欄チェックして、見損ねないように予約しておきました。

「八重の桜」は、長らく会津戦争の場面が続いて、
こちらの気持ちも沈んでいましたが、
明治になってまたストーリーが活性化してきた模様。
これまで、新選組だの長州だの薩摩だの土佐だの題材にした大河が
いくつも放映されてきましたが、
歴史は好きだけれども近代史・現代史はダメ、
政治音痴、社会音痴のわたしにとって、
幕末は面白くても、明治維新以降がちんぷんかんぷんで、
見ていてもつまらない状態だったのです。
でも、今回、女性の視点ということもあるのか、
また、会津は幕末があまりにも悲惨なためか、
明治になってから結構楽しく見ています。
昨日は幕末編のオトシマエのように、
前夫・尚之助様との再会と別れが描かれていました。
尚之助様役の長谷川博巳は、前季の「雲の階段」でニセ外科医をやっていたときに
ドラマ中で稲森いづみが言っていたように、
『指がキレイ』な人だな~と、昨日、八重を抱きしめている手を見ながら思いました。
指がキレイな男の人はポイント高いですよね(笑)。
わたし自身がプクプクの赤ちゃんハンドなので、なおさら(^^;;;。
尚之助様は、本当はとても才能も人格もある人なのに、
藩のために罪を一人で背負い、そのせいで落ちぶれた暮らしをしているという、
実際には知りませんが、ドラマの中ではそういう設定なワケですけれども、
「結局、自分は何も成せなかった。今の暮らしが身の丈に合っている」
(ちょっと違うかもしれないけど、まうそんなような内容のセリフ)
と悲しそうに微笑ったシーンが印象的でした。
それが八重への優しさであれ、本心であれ、虚勢であれ、言い訳であれ、
自嘲であれ、何であったとしても、あそこで涙が出たなあ・・・・。
それはさておき、三条実美。
前述のとおり、わたしは明治に関しては全く明るくない、というか
明治がらみの本を読んでもさっぱり頭に入らないのですが、
実はその昔、一応『翔ぶが如く』なんぞは最後まで読んだ経験があります。
例によって内容は全く頭に残らず、『翔ぶが如く』といえば
大河ドラマのそれしか思い浮かばないのですが、
三条実美に関しては、原作で妙に印象深くて、
別にちっとも活躍するワケではないのに、
勝手に自分の中でキャラクターが出来上がっていました。
で、今回の篠井英介さんの三条実美に「コレやー!(笑)」と
一人でうなづいてしまった・・・・(^^;;;
都合が悪くなると繰り出す伝家の宝刀「人事不省」が炸裂してましたね。

「半沢直樹」は、語るまでもなく、高視聴率が番組の面白さを
物語っていますよね。
堺雅人は好きなのですが、近代史や政治がダメな私は、
経済もこれまた全くもってダメで
この番組が始まったときは「めんどくさそう」と
第一話をあえて見ませんでした。
でも、翌週の昼間に第一話の再放送をやっていたのを、
ヒマつぶしに見てしまい・・・・・
なんや、やっぱしオモロいやん・・・・と
以降、見続けています(^^;

「名もなき毒」、子供のの頃から月曜八時はTBSと決まっていますので、
そのまま見続けていますが・・・・・・
地味だけど、わりと面白いです。
小泉孝太郎、結構好きかも♪
杉咲花ちゃんは、「夜行観覧車」の彩花ちゃん役に続いて、
壊れてしまいそうな役ですね・・・・。

「スターマン」は、福士君がいいですね~♪
わたしは「仮面ライダーフォーゼ」が始まったとき、
設定があまり好きではなく、また主役の福士君が
折角のオトコマエなのにリーゼントに学ランという
あまり私好みでないいでたちであったこともあって、
ちょっとつまらなかったりしたのです。
作品としては面白かったし、オトナも子供も楽しめる
健全な感じのあるべきヒーロー番組だったかもと思いますが
わたし的にはやや不完全燃焼だったわけです。
「あまちゃん」はほとんど見ていないのですが、
フォーゼ卒業以降、ご活躍の福士君、
オトナのセクシーさが出てきましたね。
ヒロスエがあまり好きではなかったので、
初回だけ見てやめるつもりだったのですが、
結構面白くて続けています。
國村さんとか吉行さんとか角替さんとか好きだし♪
有村架純ちゃんも、「SPEC」や「ぼくの夏休み」でも見てたから
なんとなく馴染みがあるし。
楽しんで見てます。
やっぱ國村さん、何やっても上手いな~。
去年の天神祭のときに、中継番組に出ていて、
三田村邦彦より若いっていうのを聞いてびっくりしたけど(^^;

「9係」は、まあ可もなく不可もなく、安全パイってことで。
イノッチと中越典子が今シリーズでやっと同居にこぎつけたけど
まだ同棲未満の同居・・・・(^^;;;;

「ショムニ」は自分がOLだった頃に面白く見ていたドラマなので
(しかも夏の制服の色が同じだったので(笑))
懐かしくて見ているけれど、昔ほどはパッとしないかな~・・・。
まあ、それなりに気楽に見てる感じです。

「京都地検の女」も安全パイ。
福本清三さんも漏れなくついてくるし(笑)。

「妻はくノ一」は、BSでやっていたときになかなか見られなかったので
今回、地上波では頑張って見ています。
なにせ地上波ではちっとも時代劇をしなくなりましたからね・・・。

「ぴんとこな」、玉ちゃん可愛いです。
以前、なんだっけ、一万円だか何万円だかで一ヶ月生活するとか、
無人島で一ヶ月暮らすとか、みたいな番組ありますよね?
あれで玉ちゃんが所持金を全部一円玉にかえて、
その袋を持ってスーパーへ買い出しに行って
レジのおばちゃんに文句言われながらお金払ったり、
最初全然料理できなかったのに、頑張って少しずつ挑戦したり
清貧ぶりがすごくいじらしくて好きになりました(笑)。
今回は梨園の御曹司役なんで、ビンボーでもなんでもないですが、
やっぱりいじらしい~(^^;;;
ライバル役の中山優馬くんに関しては、以前『ヴァンパイアボーイ』を
最初の頃見ていましたが、途中で飽きて見なくなったような・・・
あれ、最後どうなったんだろう????

「矢部謙三」は、これまで「TRICK」を見てきた絡みで・・・。
生瀬さん、好きだし。
TRICKって、色々懐かしいキーワードちりばめてくるので、
それを拾っていくのが楽しいというか。
今シリーズは賀集利樹、天野浩成、須賀貴匡をゲスト出演させて、
ライダー時代を匂わせる役名をつけているあたり、
誰がターゲットやねん(笑)という感じ。
須賀くんはこのまえ「京都地検の女」にも出てたけど、
須賀くんを見る度に、須賀くんのご実家の寿司屋で食べた
「龍騎寿司」の美味さを思い出すのでありました・・・。

「山田くんと七人の魔女」は、軽く楽しんでます。
最初は「転校生」を思わせる階段落ちの男女入れ代わりから始まって
これからまあ、色々展開していく模様。
前番組の「間違えられた男」が人情喜劇ですごくよかったし、
その前の「カラマーゾフの兄弟」も怪しいムードが面白かった・・・。
今回はガラリとイメージをかえて高校が舞台なので
なんか視聴者層も変わりそう???
山本くん、25歳やけど・・・・頑張ってますね(^^;
「カブト」に出てた頃なら丁度高校生くらいだったと思うけど、
あの頃はまだ主役張れる雰囲気じゃなかったものね・・・。
皆さん出世して、なんとなく嬉しいです・・・・。

さて、今日は月曜日だから、小泉君を見ます。
続きはどうなるのかな~。


スポンサーサイト
16:47  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3539-5957d323

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。