04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サンマルコ寺院とドゥカーレ宮

2013.11.26 (Tue)

浅瀬の海と化したサンマルコ広場をしばし楽しんだあと、
そのままサンマルコ寺院、ドゥカーレ宮の見学となります。



↑むちゃくちゃ逆光だったのを修正したので、変な色調になっちゃいましたが
ま、これはこれでアリか(笑)。







通称「ため息の橋」は、実際には「橋」というより
ドゥカーレ宮と牢獄をつなぐ渡り廊下のようなもの。





↑この橋を渡って投獄された人たちが最後に見る町の風景・・・。
彼らはは政治犯や思想犯が多く、死刑になることは稀でも、
それまでの貴族としての暮らしから
明かりもささない牢獄での暮らしに絶望して
心を病んで亡くなる人がほとんどだったとか。
たとえ自由の身になっても、国を裏切ったことで周囲の目は厳しく
結局は生きていけなかったりしたというのだから哀れ・・・。

さて、現代を生きるわたしたち、牢獄から明るい光さす娑婆へ・・・・
とはいかず、外はやはり雨のままでした(^^;




と、ここで現地ガイドのモ〇カさんが、迷子の日本人のおじさんを発見。
おじさん、自分のツアーの人たちとはぐれてしまい、
しかも長靴をはいていないので、スニーカーを手に持ち、
ズボンを膝までまくりあげ、裸足で途方に暮れてジャブジャブと
サンマルコ広場をさまよっていたらしい・・・・・。
モ〇カさんが、ツアーのコース名を聞いても、
添乗員の名前を聞いても、現地ガイドの名前を聞いても、
今からどこへ行くばずだったか聞いても、
何もわからないおじさん・・・・・。
モ〇カさん、色々話を聞いてあげてるが埒が明かず、
結局おじさんも連れて行くようです・・・・・(^^;;;;。

そんなことがあった間、水没したサンマルコ広場で
のん気に喫煙していたダンナですが・・・・・
そのダンナにもこの直後悲劇が!?

「・・・・水が、しみてきたんちゃうかな・・・」
どうやらビニール長靴の内側に水が入り込んできたらしい・・・(-"-)
丁度そのとき、別の若いカップルのダンナさんも
「うわあ、水が漏れてきた!」
あちゃー、そろそろビニール長靴の限界??

そんな気の毒な人たちの不運をよそに、
この日の観光まだまだ始まったばかり・・・・。
ジャブジャブと水を蹴りながら、サンマルコ広場をあとにしました。




  (つづく)


スポンサーサイト
16:01  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3585-68549854

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。