04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ウィフィッツィ美術館

2013.11.27 (Wed)


ドゥオモをあとにして、共和国広場のメリーゴーランドを横目に見ながら
シニョーリア広場へとやってまいりました。



ここでもまた愛しのダビデ様にお目にかかることができました。
こちらももちろんレプリカですが、かなり目線の高さでお顔を拝見できます。











そして、ウッフィッツィ美術館へ
あの『ヴィーナスの誕生』をナマで鑑賞しにまいります。
ホッティチェッリですよ、ボッティチェッリ。
『ヴィーナスの誕生』に「春(プリマヴェーラ)』です。
ウィフィッツィの見どころといえばやっぱりこれなんですよね。
実は若いころにはボッティチェッリのよさは
いまいちよくわかりませんでした。
綺麗な絵だなとは思うものの、好みではなかったんですね。
ミケランジェロやラファエロみたいな絵が好みでした。
今はボッティチェッリもかなり好きです。

ガイドさんに、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスなんかの
変化についても詳しく説明していただいて、
ほう、なるほど~と納得しながら見ていくことができました。
こういう細かいことは、やっぱり実物を見ながら
ガイドさんに説明してもらうと、わかりやすいというか
いちいち腑に落ちるものですよね。
ただ、時間が限られているので、ガイドさんも見どころをピックアップして
どんどん足早に館内を進むものですから、ここはちょっとゆっくり・・・
なんてことが出来なくて、それはちょっと残念でした。

そうそう、途中で突然『ラオコーン』に出くわしてビックリ。
ヴァチカンにあるとばかり思っていたので「えっ? ラオコーン?」と
口に出して言ったら、前を行くガイドのセ○コさんが
「ああ、それはレプリカね」。
なるほど、ラオコーンもレプリカがあるのですね。

さすがに絵画などは撮影できませんでしたが、
館内から見える外の風景にはカメラを向けてよいとのことで、パチリ。





それにしても美術館というのは疲れます。
途中、百七十何段かの階段を登ったりもして、かなりヘトヘト。
ぐったり疲れて美術館をあとにしてから、
皮革製品工房の見学です。
いやー、これがくたびれた。
何しろ、皮製品を買う気が全くないのですから。
いや、もちろんお手頃な値段であれば買いたいですよ。
でも、日頃の自分の経済観念からは考えられないお値段だし、
「やっぱり一つは本物を持っていないと」という気もない。
なので、ここでのフリータイムはすごーくヒマで、
お願いだから先に帰らせてー(^^;って感じでした(苦笑)。

やっとフリータイムが終了して、ホテルへと向かいます。
皮革製品工房を出たところから見えるサンタクローチェ教会の方角へ。



そして、アルノ川沿いをテクテク。
もうヘトヘトです。
フィレンツェのホテルは市街からすこーし離れているのが難点。
ホテルのすぐそばまで来て、いまさらのようにバスに拾われました。
もうバスに載るような距離ではないのですが、
ヴェネツィアからの荷物がバスのお腹に積み込まれているので
荷物と一緒にホテル入りする恰好です。

ホテルはメディテラネオ。
ヴェネツィアのヨーロピアンな小さいホテルと違って
わりあい大きめのシティホテルっぽい感じです。
これがまた、内部の造りが複雑で、みんなして迷子に・・・・(^^;
しかも、セキュリティーボックスの使い方はややこしいし、
疲れにとどめをさしてくれました(笑)。
いやはや、結構ハードスケジュールな一日でした。

  (つづく)
スポンサーサイト
23:03  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3657-7f373a6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。