04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.11.23 ついにヴァチカン博物館!

2013.11.30 (Sat)

観光最終日はフリーデイ。

日本から自力で予約していったヴァチカン博物館の見学は、
この旅最大の目的です。
最終日を残念な結果にしないように、
最後の力を振り絞っての観光です!(笑)
ホテルから添乗員さんがタクシーを呼んでくれました。
「5分で来ますよ」どころか3分もかからなかったかも!?(笑)
女性ドライバーが荒々しいドライビングテクニックで
バチカンまですっ飛んでくれました(^^;。
ローマの交通はコワい・・・・・(笑)。
大阪人でも「ひえー(^^;;;」と思うんだから、
のんびりした地方から出て行ったら、あれだけでもビビりそう。

タクシー内からバチカン博物館の壁が見えてくるともうドキドキ。
自宅のプリンターで印刷したバウチャー(予約票)を、
雨でぬれたりすることのないように透明ファイルに入れて
ビビりながら行列の一番前へ・・・。
アカデミア美術館のときと違って、
こちらはもうGooglで外観をさんざん見ておいたので
入り口や出口の様子も完璧に頭に入っています。
だから迷わず入り口近くまで行けます。
入場チッェクのおじさんにバウチャーを見せると
「Come back, 50minutes later」と言われました・・・・
悲しいかな、そんな簡単な英語すら、すぐにはピンと来ない(^^;
後ろにいたダンナに「なんて言われたん?」と聞かれ、
「ええと、フィフティーミニッツレイターにカムバックしろって・・・」
と答えながらやっと「ああ、50分後に戻って来いってことやね」と
自分で腑に落ちた・・・・(^-^;;;;
時計を見ると、8:10。
予約は9:00だから、確かに時間キッチリやね(笑)。

時間まで向かいのカフェで休憩することに。
小雨の中、長い行列が続いているのを見ながら、
のんびりカプチーノを飲めるのは予約をしてきたおかげ~。
同じツアーの中で、ヴァチカン博物館のオプショナルツアーを
とっている人たちも何組かいたけれど、
これだけは自分のペースで回りたかったので・・・・。
オプショナルツアーだと一人60ユーロだか65ユーロだかとられちゃうし、
またウッフィッティやサンピエトロのときみたいに、
ゆっくり見られなかったりしてもつらいですしね・・・・。

9時5分前くらいに行くと、スッと通してもらうことができました。
大病院の窓口みたいなところでバウチャーをチケットにかえてもらい
お金を払おうとすると、要らないと言われました。
やっぱり引き落としなんやね。
クレジットカードの番号とか入力させられたけど
そのくせ窓口でお金払った、なんてブログに書いている人がいたので
一応お金も用意してたんだけど要らなかった(^^)。
ウッフィッツィと同じように、空港みたいな手荷物検査と
ボディチェック受けて、さあ、いよいよ見学です!

最初は右も左もわからずキョロキョロ。
こういう一瞬は、ガイドつきのツアーが正しかったか!?と
ちょっと不安になりますが・・・・・

まず目指すはピオ・クレメンティーノ美術館です。
そこへ行きつくまでにグレゴリウス・エジプト美術館を通り抜けるので、
そこを流し見していきます。
流し見といっても、やっぱりちょこちょこ足を留めつつ・・・・。
驚いたのは、ほとんどカメラOKということ。
最初、美術館の人にカメラを見せて「Posso?(いいですか?)」と聞いたら
どうぞどうぞって感じで、見るとみんなも撮りまくり。
へー、という感じでした。

お稲荷さん・・・じゃなくて、アヌビスちゃんかな、ワンワン♪
ニャーもいるよ♪


キアラモンティ美術館と呼ばれる長い廊下を通り抜け、
ようやくピオ・クレメンティーノへ。
ここピオ・クレメンティーノの見どころといえば、
やはりラオコーンです。





でも、ウッフィッツィで思いがけずレプリカと遭遇しちゃったので
そっちのほうが印象的な出会いになってしまった(^^;;;


こちらのおかたもちょっとステキ。
飲んだくれてるふうだったのでバッカス(酒神)か何かかと思ったら
書いてあるのを見ると、どうもアルノ川の神様っぽい?

それにしてもスゴいです。
もう至るところ彫像だらけ。
芸術には疎いので、玉石見分けることもできませんが、
これだけあるともう、好きか嫌いかで充分だと思います。
値打があるかどうかより、好きだなと思ったものの前で足を留めれば。
まあ、どれもステキなんですけどね(笑)。

(つづく)
スポンサーサイト
11:01  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/3721-2659526c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。