10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

石舞台から稲渕の棚田へ

2009.04.04 (Sat)

すっかり周囲がきれいになった石舞台
周囲が生垣&桜なんで、確かに写真撮ったりするにもいい感じです。
柔らかい春空の色もあいまって、なんともいい風景です。

More・・・

折角なので、石舞台の中にも入ってみることに。

狭い石室ですが、中から出てくると、外の風景が一段と映えました。


石舞台をあとにして、さて、ここからが今回のわたしの目的です。
稲渕地区にある棚田風景を見て見たいと思ったのでした。
日本の棚田百選にも入っているそうです。
とはいえ。その辺りは駅でもらってきた案内マップにも載っていません。
少々心許ない道中となりましたが、まずは中継地点、マラ石を目指します。
マラ石って・・・(^-^;)、あんまりなネーミングですが・・・・。
これが、マラ石・・・・、確かに・・・・・(笑)。

このマラ石を通り過ぎてしばらくいくと、広々とした田園風景が広がってきました。
なるほど、棚田が・・・・・。
残念ながら、想像していたような「一面の菜の花」というわけにはいきませんでしたが
(あるいは、もっと早い時期に訪れれば、それらしい風景だったのかもしれません)
それでも、そこここに、菜の花の黄色い絨毯が見られます。

プロかアマかは知らないけれど、三脚を立てたカメラマンたちが
そこかしこに群れています。


竪穴式住居を思わせる、稲藁の重なったのが、沢山建っていました。

素晴らしい黄色!
やっぱり菜の花って大好きです。

(つづく)



スポンサーサイト
20:54  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/384-4b67978f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。