06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

峠を下って高松塚へ

2009.04.05 (Sun)

稲渕の棚田風景を堪能したあとは、朝吹峠を越えて西へ向かいます。
猿石→鬼の雪隠・俎→亀石・・・と東へ進んだ往路に対し、
かなり南よりの道を西へ戻る形になります。
高松塚を経て、飛鳥駅へ戻るわけですが、
実は出発前、自宅でルートを考えていた折、
往路と復路を逆にしてもいいなと思っていたのです。
が、あれこれと飛鳥散策を題材にしたブログなど読んでいると、
高松塚から朝吹峠への道は、かなり厳しい上り坂であるらしいと知りました。
それで、稲渕から峠を越えて高松塚を目指すルートにしたのですが、
稲渕からの峠越えがどうであるのか、その記述は見つけることができず、
やや不安を抱えての道中となりました。
幸い、こちらからの峠越えはさほどの苦もなく、
確かに急勾配の下りがつづくので、逆向きに上ってくるのは
容易ではなかったろうと、今更ながら、事前に情報収集をした甲斐があったものよとホッ。
途中、道路脇きれいな桜の枝で、ウグイスが盛んに鳴いているのを聞き、
ふと見上げると・・・・・
えーっ? ウグイスつて群れるの!?
桜の木にワンサカいました、ウグイスが。

More・・・

次第に人里へ降りてきましたが、やはり路傍には野の花が。


白いタンポポ、珍しいでしょ?
アルビノなんだと思いますが、不思議な感じでした。
↓この小山、全部桜の木で、満開になったらさぞかし見事なんでしょうね。



さて、そうこうするうちに、ようやく高松塚到着♪
あいにく高松塚古墳は、例の壁が修復作業のために工事中・・・。
なので、隣接する壁画館でレプリカを見学しました。
壁画館前には、四神を象ったトピアリーが・・・。


こうして長い道のりを飛鳥駅まで帰ってきましたが、
10キロ近く歩き回ったにもかかわらず、いまだ午後3時にもならず。
なにしろ、昼食のために15分ほど腰を下ろした以外は歩き続けましたから、
存外、早くに回ってくることができました。
当然、日はまだ高く、折角出かけてきたついでに、
ダンナの提案で八木の今井町へ寄って帰ることになりました。

(つづく)









スポンサーサイト
21:22  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

NoTitle

めめさんの歴史街道って感じでいいわ~♪
うぐいすと似てるけどこれはたぶんメジロだと思います。
私はすっかり表を散策することを忘れていますが、ちょっとぶらっとしたくなりましたわ!
いくたん |  2009.04.05(日) 21:32 | URL |  【編集】

Re: NoTitle

>>いくたん
そうなの!? でも、ホーホケキョッて鳴きわめいてたよー??
あ、ちなみに、二羽めの小鳥のお顔がしろっぽくなってるのは、
花がかぶさってるからだよー??
でも、自信ないや、鳴いてる子と写真の子はベツなのかもね!?(^-^;)
**めめ** |  2009.04.05(日) 22:07 | URL |  【編集】

NoTitle

私も、これはメジロだと思う。きっと近くの木陰にいたんだよ、鶯は・・・
もも |  2009.04.06(月) 19:27 | URL |  【編集】

Re: NoTitle

なるほど、そうなのかぁ・・・・
複数のウグイスの声がした木に、
20羽くらいコイツらが止まってたんで、てっきりコイツらと思ったんやけど・・・・。
メジロって、目の周りが白いわけじゃないんやー?(いまいちわかってない(^-^;))
松江のときの「千鳥→セキレイ」といい、どうも鳥の話題は鬼門らしい(笑)。
**めめ** |  2009.04.06(月) 21:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/403-3517f977

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。