09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

当たり前が有難い

2014.07.01 (Tue)

mixiニュースで、嫌なことや腹が立つことから
自分の機嫌を立て直す方法として、
『斎藤一人 天が味方する「引き寄せの法則」』
(柴村恵美子/著、PHP研究所/刊)の紹介がしてありました。
その中で、

■「当たり前」に感謝する
 怒りや不安が心の中に浮かんだ時、あるいは漠然と「最近つまらないな」と思った時。こんな時に上機嫌でいられるわけがありません。でも、この状態を変える対処法があります。
 それは、今自分の身の回りにあるものや身の回りにいる人に感謝できているかどうかを確認してみること。
 毎日ごはんを食べられて、仕事に行くことができて、健康に暮らしていられるのは、当たり前のように思えますが決してそうではありません。少し時代と場所がずれて生まれてきていたら、これらを手に入れるのは相当難しいことだったかもしれません。
 私たちの日常に「当たり前」はありません。今の自分がいかに幸運かに気づくだけで、自分の機嫌を整えられるはずです。

・・・とありました。

「当たり前に感謝」・・・そう、コレですよね。
奇しくもつい最近、そのことについてツラツラ考えていたところでした。
(その日の日記はコチラ)

そういえば昨日、テレビのバラエティ番組で、
「苦」「困」「災」に「難」をつけると
「苦難」『困難」「災難」となり、そういうことのない人生を
「無難な人生」と言うけれど、
「無難」の反対として「有難」と書くと、
「有り難い」となる・・・・・。
「難が有る」ことは「ありがたい」ことだと。

ほんとうは「ありがたい」という言葉の意味としては
「難が有る」のではなくて「有ることが難しい」のが正しいと思うのですが
この番組で言っていた考え方にも、少々心を動かされました。

無難に過ごせる人生はもちろん幸せだけれど・・・・
「難」にぶつかってこそ、いろんなことに感謝できるし
それを越えるための強さが身につく。
強さなんて要らないから、なんの苦も無く
マッタリと穏やかに一生を過ごしたいと、
それは私も思うけれど、
実際そうもいかないのが人生で、
だったら、その「難」を、自分のための学びに変えるほうが
ずっと気持ちが晴れ晴れとする。

難しいけれど。

立派な家と健康な家族に恵まれて
何かにつまづくことも、阻まれることもなく育ち、
ほどほどに学び、遊び、恋をし、
スムーズに進学・就職して、
適齢期に結婚して、
高齢出産にならないうちに妊娠・出産。
経済的にもそこそこで、子供も健康でスクスク育ち

・・・・・とまあ、
そういう人生を歩んできた人にとっては、
それはごくごく当たり前の「普通」のこと。
でも、どこかが欠けていて、つらい思いをしたからこそ、
ごくごく「当たり前のこと」を
「有り難い」と感じることができる・・・・。
だからこそ、その「欠けていること」に対しても
「有り難い」と思うべきなのかも・・・・。







にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
19:02  |  つれづれ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

きちゃいました。

こんばんは。先日はご訪問くださりありがとうございました。
ブログ拝見しましてとても考え深い気持ちになりました。
‘ありがとう’は魔法の言葉と以前お友達に教わって使う回数を増やしたら気持ちが良かったので使っておりますが
今日のこの記事は目から鱗です。当り前、普通に感謝しなければ。
>「難」にぶつかってこそ・・・わかることがありますね。
うん。いいお話でした。
てんてん |  2014.07.01(火) 23:54 | URL |  【編集】

てんてんさんへ

いらっしゃいませー!
ほんとに、なんの苦も難もなく
自分がすごく幸せだと気づきさえしないくらい
順風満帆な一生が、そりゃあ一番楽でいいのかもしれないけど、、、
つまづくことではじめて身近な幸せに気づけることも
またラッキーなのかなあと思ったり。
実際は人生ぜんぶ生きてみないとわからないかもしれませんが(^o^)
**めめ** |  2014.07.02(水) 13:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4073-f893db96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。