04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

わたしを離さないで

2014.06.03 (Tue)

生協でチケットをとった「わたしを離さないで」。
千秋楽を申し込んだ覚えはなかった気がするのだけど、
とってみたら本日・千秋楽のチケットでした。
のんびり行くつもりだったのに、ダンナの休みに当たってしまって、
しかもハルカスでのイタリア展開催中に
ダンナと休みがあうのが今日だけ・・・・
ということで、舞台が終わり次第、天王寺で待ち合わせることに。

まずは梅田芸術劇場へGO!
シアタードラマシティは何年振りだろう。
1:00開演ということなので、11:20頃に家を出ましたが、
途中、天王寺でトイレに入ったりしていたら、
梅田のホームに降りた時にはもう12:35。
ありゃ、ノンビリおのぼりさんで
あちこちキョロキョロしながら歩こうと思っていたのに、
まっすぐ行くしかないね~。
ま、茶屋町口からは大したキョリではないので
余裕を持って到着できましたが、
入り口で終演時刻が16:45と書いてあるのを発見。
ひやー、やっぱり結構時間かかるねー。



多部未華子ちゃんと三浦涼介くんと木村文乃さんが主演。
その他、銀粉蝶、床島佳子、といったメンバーです。
蜷川芝居というと、これまで実際見たのが
「身毒丸」「日の浦姫」「ボクの四谷怪談」。
あとはイメージするのは草迷宮とか、シェークスピア関連とか。
いずれもどろっと濃厚で抽象的な印象だったので
今回のもそういうのかなと思ってたのですが・・・
ちょっと思ってたのとは違って、
でも、すごくシリアスな、というか重い内容。
一見、単調で冗長な運びで、拍子抜けなんだけど、
でも最後までちゃんと見たいと思ったし、
原作読んでみようという気にさせられました。
第二幕のあと、隣の席のおばちゃんと喋ってたんですが、
おばちゃんも生協でチケットとったらしく、
役者さんの顔が見えない、生協の席はいまいち、と
かなり残念そうでした(^^;;;
おばちゃんはかなりお芝居好きのようで、
今月中にまだいくつか見るみたいでしたが、
若い役者さんのことは全くわからないようで、
多部ちゃんのことすら知らないようでした。
りょんくんのお父さんが三浦浩一だよと教えてあげると、
「えっ、ミウラコウイチって、でも・・・」と言いかけて、
「あっ、あっちのミウラコウイチ(^^;;;;」と気づいたらしい(笑)。
「そうそう、俳優のほう。歌手の、伊豆の踊子のじゃなくてー(笑)))」
「わたしらもう、自分と年の近い人でないとわからんから・・(^^;」
ははは・・・・(^^;;;;
で、すごくいいお芝居だから機会があれば是非見てと言われたのが
草笛光子主演「6週間のダンスレッスン」(笑)。

で、お芝居、多部ちゃんもりょんくんも可愛かった~♪
カーテンコールでは蜷川氏も一瞬登場。
やっぱりもっとりょんくんのキレイなお顔を見るために、
オペラグラスは必要だったなー・・・・

終演後、劇場を出たのが5:55。
慌てて天王寺へ戻ったけど、ダンナがまだで。
本屋さんで「わたしを離さないで」の原作本を買いました。

================================================

後日談

原作本、読破しました。
やはり深く考えさせられる内容でした。
何が正しくて、何が間違っているのか、
ひとりひとりがよく考えるべき問題です。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
23:35  |  映画・TV・書籍  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4106-ae6a65de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。