03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

異国の町へ

2014.07.27 (Sun)

鵜方で降りて、タクシーに。

実は、今回のお宿に関しては、かなりワクワクでした。
そもそも、この宿に泊まりたいと思ったきっかけは、土曜スペシャルかなんだかで、
藤岡弘、が訪れていたのを見たことでした。

すっかりヨーロッパかぶれの私・・・、
とはいえ、そうそう渡欧できるブルジョワ生活であるはずもなく、
日本にいながらにしてヨーロッパの空気を味わえるところはなかろうかと、
常に目を光らせて(!?)いたわけであります。
伊勢志摩に行く、となったとき、当然真っ先に思い出したのは
志摩スペイン村・・・パルケ・エスパーニャの存在です。
とはいえ、どうも子供だましな気がするし、
この暑いのにアトラクションを楽しむ余裕があるかどうか。
ジェットコースターには目がない私ですが、
ダンナはそのテのものがてんでダメ。
お愛想でひとつふたつ、一緒に乗ってくれることもありますが、
苦手な人に無理して一緒に乗ってもらうのも興ざめ、もとい、心苦しい・・・・。
だからといって、暑い中、お伊勢参りだけして帰るのもつまらない・・・・。
なんとなくそう考えていたときに見たのが、
藤岡弘、の立ち寄った、志摩地中海村だったのです。

こちらは、スペイン村のようなテーマパークではありません。
もともと別荘村であったものを、地区一帯をまとめてひとつの宿泊施設扱いにしたものです。
これがなかなか素晴らしい街並み。
いやいや、テレビだからよく見えるんじゃないの、と
懐疑的なわたしは早速ネットで評判を調べました。
すると、これが案外いい。
どうせ大したことないだろうと思って行ってみたら
かなり本格的でとてもよかった、といったクチコミがいくつも。
で、地中海村のサイトを見てみると・・・結構お高い。
素泊まりでもわりといい値段とるやん・・・・とちょっとへこたれかけましたが、
じゃらんでの宿泊プランだとお食事コミでまあそこそこ。
よっしゃ、これだ!! と申し込んだ次第です。

タクシーはくねくねと道を曲がりながら、やがて合歓の郷のあたりへ。
ここまでくれば、地中海村は目と鼻の先です。
合歓の郷へは、友人が子供の小さい間は毎年行っていたと聞いていましたが
われわれ夫婦にはついぞ縁のない所と思っていました。
そこを通り過ぎ、車はいよいよ地中海村へ。

タクシーのドアが開いて、冷房の効いた車内から一歩足を踏み出した途端、
モワッとメガネが曇りました。
あまりにひどい蒸し暑さに、ウンザリしそうになりながら車外へ出ると、
そこはステキな異空間でした。

ゲートを入ると、すぐそばのフロントの建物から、
早速スタッフが出向かえてくれました。



予定していたより随分早い到着になってしまいましたが、
とても感じよく応対していただきました。
ダンナがチェックインしている間、わたしはもう町の中を見て歩きたくてウズウズ。
冷房の効いたフロントから一人暑い戸外へ出て、辺りの景色をカメラにおさめます。





今回、わたしたちはツインのお部屋を予約していたのですが、
フロントスタッフのかたによれば、ツインのお客がブッキングしてしまい、
今回はスイートにお泊り下さいとのこと!
宿泊料金が上がるのではないかと心配するダンナに
「そんな、とんでもありません! それじゃ詐欺ですもの!!」とスタッフの女性。
ラッキー♪ ツイン料金でスイートだー♪
夕食に関しても、じゃらんからの決まったコースにも関わらず、
肉がニガテだと言ったらほかのものに替えてくれるとのこと!!
すごく行き届いていて嬉しい!!

やがて、スタッフがお部屋に案内してくれました。
その道すがらも、きれいな景色にテンションあがりまくり。







余計なものは一切ありません。
無粋な日本語の看板だってありません。
目に入るのは、石畳の道、白いデコボコした漆喰の壁と、
そこにかかる鉢植えの花。

こうして、一夜だけの我が家へと到着したのでありました。




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00:30  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4146-0e84b09f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。