04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

リベンジ! 子ども展

2014.09.05 (Fri)

先月、市立美術館の『こども展』を見に行って休館日だった・・・・
と書いたのを覚えていてくださってるかたもおいででしょうか・・・。
で、リベンジ、ということで、今日、行ってきました!!

まずはハルカスの『古潭』にて腹ごしらえ。
私は味噌ラーメン、ダンナは塩ラーメンです。




今日はなんだか蒸し暑くて、ラーメン食べたら汗が~。
丸福でちょっと一息。
ナントカの一つ覚えで、ダンナはアメリカン、私はゼリーマリアージュ。


天王寺公園も蒸し暑いこと。








さて、今日は休館の憂き目にも目にも合わず、
無事、美術館に到着いたしました。


現在のだしものはコレ↓

はい。
お察しのとおり、少女の抱いている猫につられて
やってきた猫バカ夫婦です。

わたしは子供のころから色々ラクガキするのは好きでしたけれど、
芸術に関してはとんと不調法で、実を言うとあまり興味がないのです(^^;
ただ、時たま「これ好き!」というのがあって、ピンポイントで見たくなる。
誰が描いたとか、時代がいつで画風がどうとか画材がどうとか、
そういうのは全くわからないし、
芸術的にどの程度価値があるとかもわかりません。
若い頃は、「キレイ~」、「細かい~」、「スゴイ~」、と思っても
「ただキレイなだけなら写真のほうがマシ」なんて評されると
あっ、ごめんなさい、浅はかでございましたと反省したり、
なんだこりゃ、子供のラクガキか?と思っても、
「このヘタウマな感じに味がある」と言われれば、
そ、そうなのか、なるほど、そうかも、と考えなおしたりで、
あんまり自分の感想を正直に表す自信がありませんでした。
でも、この年になると、ええやんええやん、自分が好きと思ったものを
好きと言って何が悪い~、という境地に達しました(笑)。

特にどれが見たいというワケでもなく、
ダンナに誘われてブラッと訪れた『こども展』ですが、
それなりに「あー、これ好き」というのはありました。
最初に「感じいいな」と思ったのは
ギョーム・デュビュッフ作 『ボーシャン伯爵夫人とその子供たち』。
そして、パッと目を引いたのが
レアンドル作 『画家の姪 マドレーヌ・ルモワーヌ(14ケ月)』。
赤ちゃんの絵なんですが、白くてフワフワして、
遠目にもハッとさせられました。
でも、この二つ、ネット上で探したんですが、画像がない・・・・。
インターネットミュージアムのサイトで
『娘、あるいはS嬢の肖像』の奥に、小さめに映っている赤ちゃんの絵が
『マドレーヌ・ルモワーヌ』なんですが・・・・・(^^;

それから、今回の目玉、
ルノアールの『ジュリー・マネの肖像 あるいは猫を抱く子ども』。

ルノアールと聞いて思い浮かべる絵とはちょっと違う、
顔立ちのハッキリとした女の子。
うちの猫はわたしの膝の上でこんなふうに寛いでくれないなー(笑)。

それから、「好き!」というのとは違うけれど、
ちょっと興味をひかれたのが『教室にて、子どもたちの学習』。
子どもたち一人一人の表情が、ああ、いるいる(笑)、って感じで、
ちょっと面白かったので書き留めておきます。


下の二作。
ジャン・ルノワールとクロード・ルノワール、
どちらもルノワールの息子たちですが、
えっ、女の子? 息子やんね? ・・・・とあとから調べたら、
当時のヨーロッパでは男の子は小さいうちは女の子の恰好をさせていたとか。
犬塚信乃ですか、って感じですが(笑)。



あとは、さほど「好き」というのはなかったのですが、
この『眠るジャン・マリー』は、小品ながら
少し「あっ」と思った作品でした。
画像だといまいちですが、実物はもっと優しい感じの色合いでした。


あとは、また時間があればハルカス美術館のデュフィ展でも・・・・。
今日ハシゴしてもよかったんですが、
美術展って、なんだかとてもくたびれるので(私だけ?)
今日はこれにて終了。

それにしても蒸し暑かったなあ・・・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
19:21  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4266-5998e6ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。