06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

台風一過 台湾へ

2014.10.17 (Fri)

10月の一週目二週目と続けて、週末に台風がやってきました。
10月14日火曜日の出発に向けて、
11日の夜あたりから台風情報とにらめっこ。
今回の行き先を推したのはダンナであって、
わたしは実は台湾にはほとんど興味がなかったので、
その意味では万一行けなくなっても、あきらめはつくワケですが、
まあ何しろ雨女、嵐を呼ぶ女である私、
今回もまたか・・・となれば、少々悔しくもあります。
なので、意地になってずーっと台風情報を監視。
大阪は13日の晩が嵐のピークだろうことは察せられましたが、
風が残れば飛行機の発着が危ぶまれます。
当日の朝早く起きて、関空のサイトを確認すると、
すでに飛び立っている飛行機もある一方で、
欠航もチラホラ見受けられます。
わたしたちが利用するのはキャセイパシフィックの11時台ですが
同じキャセイパシフィックの9時台で
欠航になっているものもあります。
すでに天候のせいではありえないので、
前日からのダイヤの乱れで、機体が足りていないのかもしれません。
6:30からJ●Bが問い合わせを受け付けるということだったので、
ダンナが電話してみると、とりあえず中止の予定はなさそう。
まあ、行ってみるべ、と出かけました。

J●Bの受付に行ってみると、ツアーは予定通り決行される様子で、
とりあえずはホッ。
今回、二泊三日で荷物も少な目なので、
全て手荷物で機内持ち込み、J●Bの係の人が
「では、カウンターでお預けになる荷物はないということで、
そのまま出国審査のほうへお進みください」
というようなことをダンナに言っているのを、
わたしは少し後ろで聞くともなしに聞いていました。
「それではCカウンターのほうからお進みください、
いってらっしゃいませ」・・・と
送り出された・・・ように聞こえたのですが、
ダンナに「Cカウンターって言ってたね」と言うと
「Cカウンターなんて言うてた?」とダンナ。
え? ダンナ、はい、はい、言うて聞いてたやん?
わたしはちょっと離れてたし、ダンナが聞いてると思うから
ちゃんとは聞いててなかったけど・・・・
わたしの聞き間違い???
航空会社のカウンターは関係ない、と、
ダンナ、出国審査へ向かう方向を探してウロウロ。
で、結局、「あ、あっちや」と見つけたのが
Cカウンターの方角。
ほらね、やっぱりCカウンターって言わはったやん。
ダンナ、上の空で返事だけ適当にする癖があるから、
なんだか出発前から、不安になってきました。

朝ごはんは食べずに出てきたので、
空港内の喫茶店でモーニング。

正味三時間ほどのフライトですが、
一応機内食が出るそうな。
でも、エコノミーの機内食は量も内容も知れているので
モーニングしっかり食べても大丈夫・・・・
とまあ、食べておいてよかったです。
というのも、機内食で失敗しちゃったのです。
行きの飛行機は乗務員がみんな英語。
しかも、わたしの席は三席並びの窓際なので
乗務員とのコミュニケーションがとりづらい。
英語がニガテなうえに声そのものも聞き取りにくくて、
「・・・rice? 」という声が、hot rice に聞こえて
うんうんと大きくうなづいてしまったのですが・・・
ポークライスと言っていたみたいで、
しかも、そのまえにチキンかポークかのチョイスを
尋ねてくれていたようなのですが、
そこらへんは聞き取れなくて、
なんだかわからないなりに手を出して受け取ろうとしたので
「ポークライスでいいの?」と聞き返してくれたときに
ホットライスだと思ってうなづいてしまったらしいのでした。
間にダンナがいて、ダンナはこの半年、毎晩長時間、
ラジオ英会話を勉強していて、本人も手ごたえがあると
言っていたのですが・・・・うーん、今回の旅では
ほとんど頼りにはなりませんでした(^^;;;;
もっと精進してもらわなくては。
で、わたしはポークライスなんて食べたくないので、
ポークは全部ダンナにあげました。

ほかにオカズは味のほとんどないサラダ少量のみ。
味のない白ごはんと味のないサラダで、
旅はトホホな滑り出しとなってしまいました。
ま、気を取り直して、数独をしながら過ごしました。


機内でひとつ気になっていたのは、
入国カードを書いていないこと。
イタリアの時は、添乗員さんが配ってくれて、
書き方も教えてくれたのですが、
今回、わたしたちは入国カードを書いていません。
ダンナに尋ねたら、「そんなんもろてないし、聞いてないし、
要らんのとちゃうかな」との返事・・・・。
うーん、そうかなあ? 入国登記って必要なんじゃないの? と
首をひねりつつも、もともとそういう手続きには弱い私、
海外旅行もハワイ、イタリアのときは
添乗員さん任せでその都度その都度言われるがままにしていたので
そこらへん、全くわかりません。
ま、いいか、とパスポート持って入国審査を通過しようとしたら・・・
ウルトラマンティガのムナカタ・リーダーに似た
実直な感じの係員のかたに差し戻されました(^^;;;;;
ほらね(>_<)。
折角並んだのになー。
四●畷高校の修学旅行と同じ便だったので、
沢山の高校生の列に頑張って並んだのに~。
慌てて、空港備え付けの入国カード記入して、もう一回並び直し~。
まあ、今回、ターンテーブルで荷物を受け取る手間がない分、
時間に余裕があるとはいえ・・・、
気がせく気がせく。

なんとか入国を果たして、待ち合わせの中央口へと行くと、
現地ガイドのC●N氏が、早速「ヒ●チサマ~!!」と
声をかけてきてくれました。
うわー、待たせたかなー、と思ったら
「アト、モウ一組、マダ来ラレテナイデスノデ、
ソノヘンデ オ待チニナッテクダサイ」とのこと
ホッ、わたしたちが最後じゃなかった・・・・。
何人くらいのツアーなんやろねー、
あそこらへんの人、同じツアーの人らかなー、と
ブラブラしていたら、C●N氏、向こうのほうから
「ヒ●チサマ~!! ソコ、イス空イテマスカラ、
座ッテオ待チクダサイー!!」と叫んでくれました(^^;;;
は、恥ずかしいです・・・・・。

やがて、団塊世代のN夫妻が到着。
「デハ、二組ソロッタノデ、コレカラ九份ノホウヘ
参リマス・・・」
えっ、二組だけ!?
C●N氏がライトバン呼んでくれてる間、Nさんの奥さんが
「お待たせしてすみません~。
入国審査でね、一回並んだんですよ。
そしたら、あれが、入国のなんていうんですか・・・
それがないからっていうので、また並び直して・・・」
とおっしゃるんで
「入国カードでしょ!? ウチも並び直したんです~(>_<)」
と、同じミスをしていたのでちょっとホッとしたのでした(^^;;;;;
旅慣れた人にはあり得ない失敗だと思いますが、
いやはや、わたしたちにとっ今回、これはいい勉強になりました。

そんなこんなで、最初から色々不手際の連続で始まった
今回の台湾旅行であります・・・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
21:47  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4333-d965f7c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。