06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ローテンブルク散策は続く

2015.10.10 (Sat)

ヴュルツブルクからフュッセンまで続くロマンティック街道。
「ロマンティック」というのは、日本人のイメージする「浪漫ちっく」ではなく、
「中世的な(ローマっぽい)」というくらいの意味合いだそうで。
このロマンティック街道沿いの町の中でも、人気の観光地が、ここローテンブルク。
朝の散策は続きます。
ローテンブルクで最も美しい一画と言われるプレーンラインで記念写真。



↑窓の上に、前へ突き出した部分がありますよね。
これはなんでしょう、と添乗員さんからの問題。
ツアー客の一人の男性が、「クレーンかな」。
ピンポピンポーンでした。
引っ越しやら何やの時、ここに引っかけて重い物を上げ下げしたそうな。
古い家には結構ついてるところが多いみたいでした。

それにしても、本当に可愛らしい町です。







まるで、おもちゃの町みたい。
そして、そのおもちゃの町に、フワフワとシャボン玉が飛んでる。
どこかの窓から子供が飛ばしてるのかと
見上げて見たけど、それらしい子供のすがたはありません。
よく見ると、この熊さんが飛ばしてくれてたー♡



↑コチラは、ヌッシュ元市長のお宅。
このヌッシュ市長、この街を守った英雄です。
三十年戦争の折り、旧教連盟軍に破れたローテンブルク。
3.25リットルの大ジョッキのワインを一気飲みできたら
町を焼き払うことをやめてくれと頼み、見事にやってのけたそうな。
マルクト広場に面した市議宴会館の窓で、
からくり人形による『マイスタートゥルンク(天下無双の一気飲み)』が
再現されます、とのこと。

正面の白っぽい建物が市議宴会館で、
真ん中あたりの丸い時計の両脇にある窓から、
一日に何度からくり人形が出てくるのだそうで、
この時、朝の8時台だったので、あとで9時丁度にたぶん出てくるだろうということでした。



さあ、ブルク門をくぐって、タウバー渓谷を眺めにいきましょう。

スポンサーサイト
23:19  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4873-20cde8f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。