04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

タウバー渓谷

2015.10.11 (Sun)

さて、マルクト広場を通り過ぎて潜り抜けたブルク門ですが、
くぐったあとでふりかえると、顔が!



この門、実はホテルのそばにあった城壁がぐるっと町を囲んでいた頃
その続きにあったもので、ここから川へ跳ね橋がかけられていたそうです。
門の上の怪しいお顔の両脇のスリットに
跳ね橋を上げ下げするチェーンがとりつけられていたんです。
敵が近づくと橋を上げて町を守りました。
それでも近づいてくる敵には、この顔の口から
煮えたぎった油を流して敵に浴びせたそうです。

ブルク公園へと入っていくと、いたるところに栗が落ちていて、
無残に踏みつけられています。
でも、聞いてみると、くりではなくてマロニエの実だそうで
食べても美味しくはないらしいです。

公園では、フルート吹いている人が。
ベタに『ローレライ』と『リンデンバウム』。
観光客の耳を楽しませるためでしょうか。





↑渓谷は、紅葉も美しかったのですが、
朝もやがかかっていて、残念ながら画像はいまひとつ・・・ですね。



ブルク公園から再びローテンブルクの町の中へと戻ります。
マルクト公園までもどってくると、ちょうどあと5分くらいで9時になるので、
例のからくり時計を見ていくことに。

やがて9時ジャスト!
窓が開き始めました。


↓向かって右側の窓に、ヌッシュ市長が現われましたよ。

大ジッョキでゴクゴク飲んでます(笑)。
そして、左側の窓には旧教同盟軍のティリー将軍。
驚いた様子で首を振っています。
・・・とまあ、これだけで、しばらくするとあっさり引っ込んでいきましたが(笑)。

さてさて、そろそろ荷物をまとめてバスでぎのまちへと移動せねばなりません。
お名残惜しいですが、ローテンブルクの町とはさよならです。

最後に、さっきのからくり時計のある市議会議院と同じく
マルクト広場の一辺をなす市庁舎がコチラ。



市庁舎の入口の上には、剣と天秤を持った正義の女神が。
町が市場を管理して正義を行うことを表しているらしい・・・・。


スポンサーサイト
00:00  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4882-d5684c85

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。