06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

夢のノイシュバンシュタイン城

2015.10.11 (Sun)

さあ、いよいよ、憧れのノイシュバンシュタイン城ですよ。
行ったことのある人は、大抵「大したことなかったけどね」と言います。
でも、それって行って初めて言えることで、
行ったことない者には、やはり憧れの夢のお城です。
神話と音楽と建築に贅の限りを尽くし、
やがて廃位され、その翌日に謎の死を遂げたルードヴィヒII世。
その彼が自分の趣味のままに作り上げたこの夢のお城を
やはり一度はこの目で見て見たいじゃありませんか。

ホーエンシュバンガウでバスを降り、見あげれば、
ルードヴィヒの父、マクシミリアンII世の城、
ホーエンシュバンガウ城が。


そして、反対側を見上げると、ノイシュバンシュタイン城が見えます。




ノイシュバンシュタイン城へは馬車も登りくだりしていますが、
私たちはシャトルバスにて登ります。
バスの定員は二十何人だそうでしたが、日本人は小さいので
34名全員プラス、更にドイツ人も数名乗り込んで出発。
いよいよお城が近づいてきました。




バスを降りて少し歩いてお城へ。







お城の内部はさすがに撮影できませんでしたが、
そうですね、比較的新しいお城で、
ほんとにルードヴィヒの個人的な趣味の城ということもあって、
「大したことなかた」という人の言葉も、確かにわからなくはなかった(笑)。
でも、長年見てみたいと思っていただけに、
念願かなって、わたし的には満足です。

ノイシュバンシュタイン城をあとにして、振り返れば
やっぱり美しいお城だなと思います。
ディズニーのシンデレラ城のモデルになっただのことはあります。


そして、ホーエンシュバンガウ城を振り返れば、
空が美しくて、なんだか荘厳な感じがしました。

スポンサーサイト
18:46  |  お出かけ・グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karinkirara.blog64.fc2.com/tb.php/4891-924ff046

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。